マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

妻だけEDで離婚に!?原因の多くが夫にあるって本当?奥さんだけに勃起しない理由5つ!

投稿日:

夫がすっかり男としての元気を失ってしまった…心当たりのある奥様、いらっしゃると思います。

旦那がすっかり勃起しなくなってしまって夫婦生活もご無沙汰という方もいらっしゃるでしょう。

旦那さんもきっと、勃起しないことは大いにショックを受けています。

なので、奥様は

 

「なんで勃たないのよ!」

 

なんて責めてはいけません。

男の心はポッキリと折れます。

 

また、旦那さんの勃起不全の状態を知りましょう。

 

  • 奥さんとの営みにだけ勃起しなくなった(他の女性なら勃つ)
  • 他の女性でも全く反応しなくなった

 

旦那さんは一体どちらのケースでしょう?

勃起不全の状況とその理由や原因を解明していけば、ベストな改善方法が分かってきます。

 

旦那さんがEDに陥っているご夫婦向けに、勃起しない理由や原因、ベストな改善方法をピックアップしました。

あなたの悩み解決につながれば幸いです。

 

旦那さんはどちら?妻だけED or 他の女性でもED ?勃起しなくなった理由と原因をチェック!

EDとは男性器(ペニス)が勃起しなくなった症状のこと。

別名、勃起不全とも呼びます。

男性器が反応しないことがEDですが、原因は人それぞれで症状も個人差があります。

原因によっては病院で治療しなければならないこともありますし、自分で改善できるケースもあり、EDといっても本当に人それぞれなんです。

 

EDにもいくつかの種類がありますが、近年増えているのがこちら!

 

「妻だけED」(もしくは彼女だけED)

 

読んで字のごとく、そのままの勃起不全です。

奥さんにだけ勃たないんです。

結婚して時間が経つにつれ、奥さんを女性としてみることができなくなったなどの理由から、いざベッドで勃起できないという事態を迎えてしまっているのです。

 

さらに気まずいのが、他の女性でなら・もしくはAVを見ての自慰ならば勃つという点でしょう。

夫婦生活にも支障が出ますし、他の女性で勃ってしまうのも奥さん側としては腑に落ちない。

しかし他の女性でも勃たないとなると完璧なEDなのでかなりの重症、早急に治療が必要という大惨事です。

どちらにせよ旦那さんにとっては悩ましい事態ですし、なんとか改善できないものかと頭を抱えることでしょう。

 

場合によっては病院を受診して治療も必要でしょうし、とにかくまずは理由や原因を突き詰めていかなければなりません。

 

EDは精神的要因が大きい!?旦那さんの勃起不全の原因は4つのうちどれだ!?

勃起不全・EDの原因は主にこちらの4つだと言われています。

注意ポイント

  • 心因性ED
  • 器質性ED
  • 混合型ED
  • 薬剤性ED

それぞれ内容や状況が異なるため、解決方法も異なります。

最初にしなければならないのは、旦那さんのEDの原因がどこから来ているのか知ることです。

 

●心因性ED

精神的なストレス・プレッシャー・不安や緊張、過去のトラウマといったことが原因で勃たなくなっているものを心因性EDと呼びます。

まず男性器が勃つ時には、心も体もリラックスしている(副交感神経が優位な状態)であることが大切です。

性交時にとても緊張している(交感神経が優位な状態)と、勃ちが悪くなります。

また、ストレスや緊張や不安があると、テストステロン(男性ホルモン)の分泌が減ってしまい、EDになりやすいのです。

※テストステロンは精巣内で生成される。

妻だけEDも心因性EDの一環です。

 

●器質性ED

血管や神経に異常が起きて勃起できなくなっている状態です。

例えば動脈硬化が進行するとEDになりやすくなります。

他にも喫煙習慣がある方や老化による影響で血管が硬くなっていくと、血行が悪くなってペニスへの血流も低下して勃起しにくくなるのです。

他にも糖尿病や高血圧、不規則な生活習慣が原因でEDになるケースも珍しくありません。

 

●混合型ED

心因性と器質性、2つの原因によりEDになっているケースです。

勃起不全で悩んでいる男性は、この混合型が最も多いと言われています。

 

●薬剤性ED

持病の治療で飲んでいる薬の副作用で勃たなくなっているケースです。

副作用は病の一環でもありますので、かかりつけの医師に相談しましょう。

 

心因性EDの一種・妻だけEDの原因は5つあります。

妻とセックスする時にだけEDになっている。

世間では妻だけEDと呼ばれるもので、この場合妻ではなく他の女性なら勃起できるという悲しいケースです。

さらに妻にだけ勃たないという症状は2パターンに分けられます。

 

  • 旦那さんが風俗通いをしていたり、浮気していることが原因で勃たない
  • 旦那さん本人は勃ってほしいと思っているのに勃たないので真剣に悩んでいる

 

前者の場合は奥さんとしても怒りを感じ得ないと思いますが、どちらも結果として夫婦間セックスレスに陥ります。

また心因性EDの場合、旦那さんと奥さんの関係の変化も影響してきます。

 

例)子供ができてから、妻というよりも子供の母親としか見れなくなった

例)家族になったことで、女として見れなくなった

 

妻だけEDの中でも”他の女性には勃つけれど妻にだけ勃たない”男性は、上記のような夫婦関係の変化も強く影響してきます。

他の女性ならば興奮もするし勃起も簡単。

しかしいざ妻と夜の生活をしようとすると、勃たなくなってしまう…

夫が妻を見る目が変わってしまった・気持ちが変化してしまったとも考えられます。

熟年と呼ばれるくらい一緒にいる夫婦ならばそういうケースも珍しくありませんが、もしもまだ結婚して数年の夫婦だったり、年齢が若い夫婦で妻だけEDになってしまっているならば、夫婦で協力して問題解決に取り組んでいかなければならないと思われます。

 

夜の夫婦生活がすっかりマンネリ!

長年一緒にいる恋人や夫婦にありがちなのですが、夜の夫婦、いわゆるセックスがマンネリ化しているケースです。

相手との関係がまるで空気、関係性にすっかり慣れきってしまったなど

日頃の生活だけでなく夜の夫婦生活でも新鮮味が無くなってしまい、慣れきって飽きまで感じてしまっているケースも少なくありません。

新たな刺激がない、変化がなく楽しめない状況が続くと、男性は(時には女性も)興奮しなくなってしまいます。

新鮮味が欠けてマンネリ化するというのは、EDやセックスレスの原因として大きな要因です。

 

妻との関係が年々悪化している

実は女性よりも男性がデリケートだったりするんですよね。

ただ女性の裸を見れば問答無用で興奮する・勃起する訳でもありません。

性的興奮を感じない相手に対して、ペニスがうんともすんとも言わないこともあります。

もしも妻との関係性が悪化している場合、付き合いたてのようなドキドキ感もなけれれば、興奮して射精することも難しいでしょう。

体だけでなく心での結びつきを大切にしているのは、女性も男性も同じなのです。

 

実は勃起不全・EDは中高年男性だけの話ではなく、20代と若い男性でも起こりうるものです。

生真面目な性格で妻を大事にしている人ほど、精神的な影響で勃たなくなってしまうケースがあります。

もしも夫婦間でセックスに対して義務感が生まれているならば、精神的プレッシャーで勃起不全になることもあります。

特に妊活中の夫婦ならば、排卵日には必ずセックス!

両親からの孫コールがうるさいから早く子供を・・・!

そんな思いを感じていては、焦りやプレッシャーを感じて興奮しにくくなってしまうのです。

妊活に取り組む夫婦も増えていますが、必ず排卵日にはセックスしよう!という考え方は、男性にとって虚しさを感じる要因となってしまいますよ。

 

過去のセックスで失敗したりトラウマを抱えているケース

若い頃のセックスで失敗してしまった経験があると、トラウマになっている可能性もあります。

挿入する前にイってしまった・緊張しすぎて勃たなかったなど、誰しも失敗はあるものです。

けれどもそのような思い出が奥さんとのものであれば、奥さんの顔を見るたびに失敗やトラウマを思い出してしまいます。

そしてセックスの度に不安やプレッシャーを感じて、だんだんと勃ちがが悪くなるというケースも珍しくありません。

それだけ男もデリケートな生き物なのです。

 

夫側の原因で妻だけEDになっているケースが多い

夫婦のデリケートな悩みである妻だけEDですが、その原因を紐解いてみると、夫側に原因があることが多いと言われています。

妻だけEDの原因を探っていくと、妻では勃起できないというよりも、妻への興味や興奮が失せた・セックスしたいと思えないという男性が多いのかもしれません。

妻からすれば悲しいやらムカつくやら言い分はあると思います。

けれども現実問題として、妻への性的興奮がなくなってしまったという男性はいるわけです。

勃起できないという問題は、かなりデリケートで複雑な事情が絡んでいることが予想されます。

 

風俗通いや浮気etc…妻以外女性と楽しんでいるケース

妻だけEDになってしまいセックスレス状態にある夫婦。

そんな夫婦の中でも一部の男性は、風俗でしっかり勃起して楽しんでいたり、妻がいるのに他の女性と浮気や不倫をして発散しています。

不倫や浮気は妻が最も傷ついてしまうので許される話ではありません。

 

けれども他所で発散しているという夫婦の場合、妻が原因に関係しているケースもあるんです。

旦那さんは確かに責められるだけのことをしてしまっているけれど、妻はなぜ夫が妻だけEDになってしまったのか、考えたことはありますか?

もともと夫が女性好きで浮気するタイプだというケースもあるでしょうが、女好きなタイプではない旦那さんの場合には、夫婦の間で原因となるようなことがあった可能性もあります。

旦那さんが勃起できずに勃発した妻だけEDですが、改善するには夫婦で取り組んでいかなければなりませんので、原因についても夫婦で取り組む必要があります。

 

シンプルに「めんどくさい」

実は熟年夫婦だけでなく新婚の男性にも増えているのが、この理由。

セックスするまでの過程がもうめんどくさいと感じてしまっている男性が増えているんです。

めんどくさいからセックスをしないという選択をしてしまっています。

 

一般的にイメージされる幸せいっぱいなセックスは、ベッドインした時のムードの良さ、最中の触れ合いやセックスを終えてからのピロートーク…という流れですよね。

ただ下着を脱ぎあって挿入して終了…だと、特に女性は不満を抱くケースが多いでしょう。

そんな幸せいっぱいなセックスが理想的なのですが、長年一緒にいるとムード作りやマメな触れ合いが面倒に感じてしまうんです。

これは男性だけでなく女性も同じですね。

そして<セックスするからには女性を気持ちよくしなければならない>という男としての矜持や義務感も、めんどくささに拍車をかけている可能性もあります。

 

オナニーのやりすぎorオナニーで満足してしまっている

近年はTENGAの登場で、オナニーの快感やリアルな気持ち良さが格段にUPしました。

男性にとってはオナニーが充実した時代になっているわけです。

さらにアダルト動画をスマホで簡単に閲覧できますし、無料で楽しめる動画コンテンツも登場しています。

そして極め付けがVRによる、よりリアルなアダルト環境が整ったことでしょう。

オナニーグッズが飛躍的進歩を遂げたことで、オナニーの気持ち良さで満足してしまう男性が増えているのです。

オナニーならば相手とのムード作りや細かな配慮も不要、めんどくささを感じずサクッと気持ちよくなれてしまいます。

女性に気を使いながらするよりもお手軽で気楽になってしまっているんです。

 

さらに女性専用オナニーグッズ<iroha>といったアイテムも登場しているので、女性にとってもオナニーだけで気持ちよくなれてしまう環境が進んでいます。

お手軽に気持ちよくなれるグッズの登場はメリットがある反面、ますます夫婦のセックスレスが進んでしまうというデメリットも持ち合わせているのです。

 

妻だけEDを改善する方法とは!?意識すべきポイントはこれだ!

ここまで妻だけEDになってしまう原因についてチェックしてきましたが、妻だけEDは一般的なEDよりも原因が根深く、デリケートな要因が絡んでいることが多いイメージですね。

改善は難しいのでは…?と思ってしまいますが、夫婦間の些細な工夫やコツで改善できる可能性もあります。

妻だけEDを改善できるかもしれない方法やポイントを、夫婦で協力して実践してみましょう!

ほんの一部ではありますが、夫の性欲を取り戻す方法や、根本的な原因を解消する方法など、できることから取り組んでみてくださいね。

 

いつもとは違う場所や雰囲気でセックスしてみる

毎日毎日、家のベッドや布団という場所のマンネリ化をまずは改善してみましょう。

雰囲気や場所を変えるというのは、夫婦の雰囲気を変えるのにかなり有効で新鮮味が一気に出てくる可能性があります。

いつもの見慣れた寝室ではない、恋人の頃のようにラブホに行ったり旅行に出かけてみるなど、気分転換にもなりますし、男性も雰囲気がガラリと変わるとセックスのモチベーションが回復するかもしれません。

 

いつも寝室ばかり、独身時代もお互いの部屋だったというならば、シチュエーションをガラリと変えてみましょう。

ラブホや旅行などすぐに都合がつかない場合には、夫婦でお風呂に入ってみたり、キッチンでしてみるなど、家の中でもできる場所でトライしてみては?

 

アダルトグッズを夫婦で使ってみる

夫婦でアダルトグッズを使ってみるというのも、手っ取り早く実践できる雰囲気を変える方法です。

女性の中には「そんなもの使いたくない」と思う方もいるかもしれませんが、シチュエーションや雰囲気をガラリと変えることができるかもしれません。

夫婦でアダルトグッズを使うというのは、夫婦間の秘密なので他人に知られることはなく、ネット通販でも購入できます。

アダルトグッズに対する考え方を改める機会にもなるでしょうし、男性の中には密かにアダルトグッズを試してみたいと思っているけれど妻に言い出せずにいる方もいます。

セックスレスという現状を打破するためのアイテムと、前向きに考えてみるのもポイントです。

 

パートナーがどんな性癖や願望を持っているかチェックしてみよう

夫婦ではあるけれど、お互いの性癖や願望は秘密にしているケースも少なくありません。

お互いに性癖やセックスの願望を秘密にしたまま、マンネリ化してしまっている夫婦もいます。

パートナーに変態だと思われたくない、引かれたくないと思って、打ち明けられずにいるかもしれません。

そんな性癖や願望を満たすために、風俗通いや浮気に発展しているケースもあります。

お互いの持つ性癖や願望を夫婦で満たすことができれば、セックスレスの改善や浮気のリスクも回避が期待できます。

お互いに性癖や願望について、打ち明けあってみませんか?

時にはとても受け止めきれないなんてこともあるかもしれませんが…お互いをわかり合う手段にはなるでしょう。

 

シチュエーションをガラリと変えるコスプレなどのグッズを活用

夫婦のマンネリ化打破にはシチュエーションをガラリと変えるのが有効だとご紹介しましたが、そのためにコスプレを活用するのも一つの方法です。

コスプレを強要したりアダルトグッズを無理やり使うのはNGですが、お互いが楽しめる範囲でシチュエーションを変えてみましょう。

お互いに手っ取り早くできるのは、ホテルでセックスするという方法ですね。

新鮮さや新たな刺激や興奮に繋がります。

奥さんがOKすれば、コスプレを試してみるのもアリ!

夫婦で前向きに使えるようであれば、アダルトグッズを使ってみるのもアリですね。

あくまでも夫婦一緒に楽しめるもの、許容できる範囲での方法に限られますが、夫婦でそういった意見を出し合うのも大切なポイントになるでしょう。

 

夫婦でセックスを気軽に楽しむ

特に子供が欲しいと思っている夫婦に多くみられるのですが、子供を作るためという義務感やプレッシャーを感じてはいませんか?

カレンダーには排卵日のチェックが付けてあるとか、今夜は子作りの日だから食事のメニューが精力がつくものだとか、子供が欲しいと思うあまりに、ただ射精することが最終目標となっていませんか?

純粋に子供が欲しいという思いだとしても、男性にとってプレッシャーになっていることもあります。

一度力を抜いて、夫婦で楽しむためのセックスをしてみましょう。

夫婦のふれあい、コミュニケーションという気軽な楽しみ方をすることも、ED改善には大切なのです。

 

前戯だけ、もしくはスローセックスだけで楽しんでみる

多くの男性が「女性をイかせなければならない」という使命感を持っています。

その使命感が原因でめんどくささを感じたり、本当に気持ちよくさせられているのか不安になったり、男としての自信がなくなったりすることで、勃起不全になってしまうケースもあるのです。

そんな男性の使命感を払拭すべく、時には前戯だけでお互いに気持ちよくなってみたり、スローセックスで触れ合って安心感を感じてみましょう。

使命感や義務感にとらわれない気持ちよさを知れば、EDの原因になっている自信のなさや不安感も拭えるかもしれません。

ここは女性が一歩リードして、肌を触れ合わせて抱き合うだけでも満たされるのだと伝えてあげてみましょう。

イくだけが全てではなく、触れ合うだけでもいいと女性から言葉にするのは勇気がいるかもしれません。

けれども夫を大切に思う気持ちが伝わる手段でもあるので、夫婦の雰囲気も変わるでしょう。

 

パートナーとAV鑑賞

夫が妻だけEDになった、セックスレス状態が続いているというのは妻としても悲しいやらショックやら、複雑です。

けれども夫婦でAV鑑賞をして勃起できたなら、そのままのムードでセックスしてみるのも一つの手段ですよ。

夫がAVをみて興奮しているなら、その雰囲気を利用してみるのです。

挿入はあってもなくても、2人で興奮するという過程に意味があり重要なので、勃起したからといって何が何でも挿入しなければならない!という考えは捨てましょう。

それも義務感や固定観念になってEDに関係してきますし、男性にとってもプレッシャーとなってしまいます。

気楽に楽しめるリハビリ程度の感覚で、2人で楽しむ時間を大切にしてみてください。

 

ノン・エレクト法を試してみませんか?

セックスで勃起や挿入を禁止する方法を、ノン・エレクト法と言います

あえてそういったプレイをするという感じなのですが、このノン・エレクト法が逆に男性のプレッシャーや夫婦のマンネリ改善に効果があるのでは?と言われています。

ダメと言われればしたくなる心理、勃起してはダメだと思えば思うほど興奮してしまうという心理を利用した方法です。

男性は、これまでダメな場面で勃起しそうになったこと、勃起してしまった経験はありませんか?

EDになる原因は、勃起しなければいけない・女性を気持ちよくさせなければいけないといった考え方にもあるので、義務感やプレッシャーから解放することが大切です。

興奮してはいけないと思うと逆に興奮してしまう。

その心理を利用したノン・エレクト法で肌と肌を触れ合わせてみませんか?

 

理解し合うためにパートナーと話し合う

勃起不全に陥ってしまったのは男性側ですが、女性だってED改善の協力に積極的でなければ、改善は難しくなってしまいます。

夫婦でセックスレスを打破するため協力し合う必要があります。

勃起しないのは旦那さんなのだからと、責任を押し付けているようではED改善は困難でしょう。

妻だけEDならば、奥さんを前に興奮できないのですから、なおさら妻の協力が必要です。

腹を割って話し合って理解を深め、これからどんな方法で改善させていくのか探っていきましょう。

 

過剰な心配は逆効果!触れ合うだけの関係も愛情だと伝えましょう

夫婦のデリケートな悩みであるED。

奥さんが心配すればするほど、情けなさ・申し訳なさ・不安やプレッシャーが募ってしまうという逆効果になり兼ねません。

夫婦の共通認識として、勃起するだけが愛情ではなく、セックスではないと話をしてみましょう。

勃起は生理現象の一環であり、夫婦の愛情ならば肌を触れ合わせて抱き合うだけでもいい。

そういった心の余裕や夫婦の絆が、セックスであってもいいのではないでしょうか?

EDのことばかり考えずに、お互いに心が満たされる方法を探るというのも、自然とED改善に繋がっていくこともあるんです。

 

まとめ

決して他人には相談できない、夫婦の悩みであるED。

EDと一言で言っても様々なケースがあり、理由も夫婦それぞれ、ベストな解決策も夫婦それぞれ異なります。

夫はなぜEDになってしまったのか?どんな思いを抱えているのか考え、夫婦にとってベストとなる解決方法を選びましょう。

夫婦ですがからこそデリケートな部分も共有しあって、協力しあう必要があります。

具体的にどんな方法を取り入れるのか、時にはEDから離れて夫婦でゆっくりと肌を触れ合わせる時間も大切にしてみてはいかがですか?

-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.