マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

シトルリンは性欲向上・精力アップに効果的?摂取量やベストタイミングは?副作用はあるの?

投稿日:

血液のスムーズな循環をサポートするほか、血管拡張効果が期待できるシトルリン。

シトルリンによる効果はこのほかにも様々期待でき、多くの精力増強サプリに配合されている成分のひとつです。

そこで今回は、気になる効果や摂取目安量などシトルリンに関する情報を詳しく解説していきたいと思います。

 

シトルリンとはどんな成分?気になるシトルリンの働きを解説

あまり聞き馴染みのないという方もいらっしゃるかもしれませんが、シトルリンはアミノ酸の一種です。

アミノ酸ということは、私たちの身体の健康維持には欠かせない成分とも言えます。

 

このシトルリンという成分名ですが、スイスで発見されたことに因んで学名のシトルラス・ブルガリスが由来となって命名されたと言われています。

 

アミノ酸の多くは、同じアミノ酸である別の成分と結合することでたんぱく質を生成します。

その一方で、シトルリンは他のアミノ酸と結合することなく体内に存在するという特徴を持っています。

このような特徴を持つアミノ酸は遊離アミノ酸と呼ばれ、常に効果的な働きをすることができます。

 

シトルリンには血液循環の改善のほか、様々な効果が期待できます。

その中でもシトルリンの担っている重要な働きのひとつとして、一酸化窒素の生成が挙げられます。

シトルリンの働きにより一酸化窒素が生成されることで、血管のしなやかさが増す効果が得られます。

しなやかな血管は、動脈硬化予防に効果的です。

またその他にも、男性に嬉しい効果として以下のものが挙げられます。

 

ポイント

  • 勃起力の向上
  • ペニスの増大
  • 精力増強効果

 

これらの効果から精力剤などにも配合されているシトルリンですが、その効果は実に様々であることからスーパーアミノ酸とも呼ばれています。

 

シトルリンのすごい効果とは?期待される11の効果をご紹介

勃起力の向上・ペニス増大効果

シトルリンによる効果のうち、最も知られているものが勃起力の向上・ペニス増大効果です。

 

遊離アミノ酸であるシトルリンは単体で体内に存在し、アルギニンという物質に変換されます。

そして再度シトルリンに変換されるのですが、体内ではこのサイクルが繰り返し行われています。

この過程において一酸化窒素が生成されるというわけです。

 

一酸化窒素には、血管拡張の効果が期待できます。

勃起のメカニズムを考えると、一酸化窒素は必要不可欠な物質と言えます。

その一酸化窒素が多く生成されるということは、勃起力の向上にもつながるというわけですね。

 

一方ペニスの増大・サイズアップのためには、海綿体への血液量を増やすことが欠かせません。

 

ペニスの大部分は、スポンジ状になった血管の集合体により形成されています。

この組織こそ、海綿体と呼ばれる部分です。

海綿体へ流れ込む血液の量が増えることで血管が太くなり、結果的にペニス増大の効果が得られるというわけです。

 

シトルリンは、血管の拡張効果と血行促進作用を持っています。

この働きによって、勃起力の向上・ペニス増大効果が効果できます。

 

精力向上・性欲アップ効果

シトルリンによる効果のうち、注目を集めているのが精力増強や性欲アップ効果です。

 

シトルリンやアルギニンは、脳下垂体を刺激する作用があります。

それにより成長ホルモンの分泌が促進されます。

成長ホルモンには、男性ホルモンのひとつであるテストステロンも含まれます。

 

テストステロンとは、性欲を向上させるほか精子・精液の生成を担うなど男性の生殖機能に大きく関係する成分です。

つまり、テストステロンが増加するということは更なる精力アップにつながるというわけですね。

 

筋肉の増強・筋トレ効果

これまで男性の生殖機能に関する効果についてご紹介してきましたが、シトルリンにはその他にも筋肉増強効果が期待できます。

 

せっかく筋トレをするのであれば、できるだけ効率良く筋肉をつけたいところかと思います。

スーパーアミノ酸と呼ばれるシトルリンであれば、それも可能と言えます。

 

効率良く筋肉をつけるには、血行の良さがカギを握っています。

というのも、血行の良い状態であればスムーズに全身へたんぱく質や酸素を行き渡らせることができるからです。

 

シトルリンには、血管拡張の作用があります。

これにより血行が促進されるため、筋トレの成果を効率良く実感することができます。

 

筋トレにはたんぱく質の摂取が欠かせませんが、たんぱく質を多く摂取すると分解過程でニオイのもととなるアンモニアが発生します。

後ほど詳しく解説しますが、シトルリンはこのアンモニアを体外へ排出するサポート的な役割を担っています。

アンモニアのスムーズな排出はニオイのトラブル防止だけでなく、疲労回復や二日酔いしにくくなるなどの効果も期待できます。

 

疲労回復効果

筋肉内に乳酸をはじめとする疲労物質が蓄積することで、筋肉疲労が引き起こされると言われています。

素早く疲労物質を体外に排出することで、疲労回復をサポートすることにもつながります。

 

ここでもシトルリンの血管拡張効果が大活躍です。

シトルリンの血管を拡張させる働きにより、乳酸などの溜まった疲労物質をスムーズに体外へと排出することができます。

 

また前項でも軽く触れましたが、たんぱく質を分解する過程においてアンモニアが発生します。

アンモニアは体を疲れさせるなどの影響を及ぼす物質ですが、シトルリンにはこのアンモニアを尿素に変換する性質があります。

変換後はスムーズに体外へと排出されるという仕組みになっています。

 

このように、シトルリンは疲労回復の重要な役割を担っている成分でもあります。

 

むくみの予防・解消効果

シトルリンは、体内でアルギニンに変換されます。

その後アルギニンは、再度シトルリンへと変換されます。

この一連のサイクルを繰り返すことで、体内で一酸化窒素を生成しています。

 

一酸化窒素には血行促進の作用があり、これにより体内に溜まった毒素を排出するデトックス効果が期待できます。

 

むくみの主な原因として、血管が狭くなってしまっていることなどによる血行不良が挙げられます。

血行不良によって老廃物がうまく排出されずに蓄積してしまい、これがむくみにつながってしまうというわけです。

 

一酸化窒素の働きによって血流が改善し、溜まってしまった老廃物がスムーズに体外へ排出されることでむくみ解消が期待できます。

 

シトルリンの効果により血流の良い状態を維持することで、むくみにくい体を目指すことができます。

 

アンチエイジングなど美容効果

冒頭でも解説しましたが、シトルリンはアミノ酸のひとつです。

アミノ酸であるシトルリンには、アンチエイジング効果などの高い美容効果が期待できます。

 

肌の潤いに影響する天然保湿因子を構成するアミノ酸において、シトルリンはその大半を占める成分です。

このことからも、シトルリンが美容に関係する物質であることがお分かりいただけるかと思います。

 

他にも複数存在するアミノ酸のうち、そのほとんどは結合することでたんぱく質を形成する成分です。

その一方で、遊離アミノ酸であるシトルリンは結合することもなく役割も異なります。

いずれのアミノ酸も必要不可欠な成分ではありますが、なかでもシトルリンは最も効果的な働きを持つ成分と言えます。

 

さらに一酸化窒素による血流改善の結果、肌のターンオーバーの正常化が期待できます。

正常な肌のターンオーバーは、健やかな肌を保つためにも非常に重要です。

 

動脈硬化を予防する効果

シトルリンが体内でアルギニンに変換され、その後シトルリンに変換される過程で一酸化窒素が生成されます。

この一酸化窒素は、動脈硬化防止に関する非常に重要な役割を担っています。

 

年齢を重ねるとともに、血管も老化してしなやかさが失われていきます。

また、血管の壁が厚くなることで血管自体が硬くなってしまうなどの症状がみられます。

これらの症状こそが、動脈硬化を引き起こす原因と言われています。

 

シトルリンには血管を修復する効果が期待でき、しなやかで若々しい血管づくりをサポートする働きがあります。

加齢とともに体内で生成される一酸化窒素の量は減少傾向にありますが、サプリメントなどを活用し積極的に摂取することで結果的に動脈硬化の予防につながります。

 

冷え性を改善する効果

冷え性というと女性のお悩みといったイメージが強いですが、実は男性にも起こる身体のトラブルです。

しかし、男性の場合は冷え性の自覚がないケースが多くあります。

このような無自覚の冷え性は、隠れ冷え性とも呼ばれています。

 

冷え性は、手や足など身体の末端部分にまで十分な血液が行き渡っていないことが主な原因とされています。

その理由は様々考えられますが、寒さなどの影響により末端の毛細血管が萎縮してしまうことも理由のひとつとして挙げられます。

 

シトルリンの持つ一酸化窒素の働きには、毛細血管を含め全身の血管を拡張させる効果が期待できます。

この働きによって血流が良くなり、手や足など身体の末端部分まで十分な血液が行き渡ります。

その結果、冷え性の改善にも効果が期待できるというわけですね。

 

また、血管拡張の効果により新陳代謝が向上します。

すると全身が温まるため、冷えにくい体づくりにも効果的です。

 

スリムアップ!ダイエット効果

こちらはあまり知られていませんが、シトルリンにはダイエット効果も期待できます。

抗肥満効果を持つシトルリンは、日々ダイエットに励んでいる方に是非おすすめしたい成分のひとつです。

 

シトルリンと同様に精力剤などに多く配合されているアルギニンにも、脂肪燃焼の効果が期待できます。

一方、シトルリンには新陳代謝をアップさせる効果があります。

またそのほかにも、身体に溜まった老廃物をスムーズに排出させるデトックス効果などの働きも持っている成分です。

そのため、シトルリンは効率の良いダイエットをサポートしてくれると言えます。

 

シトルリンとアルギニンが配合された精力剤を摂取することで、勃起力の向上・精力増強のほかにダイエット効果が期待できるというわけですね。

 

また、嬉しいことにシトルリンには筋肉増強効果も期待できます。

ダイエットの一環として筋トレを取り入れることで、効率良く筋肉をつけることが可能となります。

それにより、引き締まった体づくりを目指せるというわけですね。

 

記憶力の向上・集中力アップ効果

私たちの身体は、血液によって様々なエネルギー・成分を得る仕組みとなっています。

 

物事に集中・記憶する際には、脳に多くの血液を必要とします。

血流が滞ってしまうと、脳に十分な血液が行き渡らず必要なエネルギーを得ることができません。

その結果、集中力・記憶力の低下につながってしまいます。

 

ここでも、シトルリンの血管拡張効果が活躍するというわけです。

この血管拡張効果により血流が促進され、十分な血液が脳に行き渡ります。

すると、集中力アップや記憶力の向上などの効果が期待できます。

 

またシトルリンには、ベータアミノロイドの働きを阻害する作用があります。

このベータアミノロイドとは、一般的にボケの原因とも言われています。

シトルリンを摂取するこは、将来のボケ予防にもつながるというわけですね。

 

二日酔いを予防する効果

お酒を嗜む方にとって、二日酔いはできるだけ避けたいところかと思います。

シトルリンには、そのようなお望みを叶えてくれる嬉しい効果が期待できます。

 

これまで本記事ではシトルリンからアルギニンへの変化に関して度々触れてきましたが、実はシトルリンは体内でオルニチンにも変化することができます。

肝臓の働きを活発化させることでも知られているオルニチンの効果によって、アルコールの分解をスムーズに行うことが可能となります。

 

二日酔いの原因のひとつとして、アルコールを分解する際にアンモニアが発生することが挙げられます。

シトルリンにはアンモニアを尿素へと変換する作用があるほか、体外へスムーズに排出させる働きがあります。

 

このように、シトルリンの持つ様々な働きは二日酔い対策にも非常に効果的と言えます。

 

シトルリンの摂取目安は?適正な量や上限が知りたい!

嬉しい効果が豊富なシトルリンですが、適切な摂取を心がけることが大切です。

正しく服用することで、副作用の心配もなく効果を実感することができます。

 

実際のところ、シトルリンの適正な摂取量は明確に定められていません。

とはいえ、十分な効果を実感するためには一日あたり800mg以上の摂取が必要とされています。

 

通常一般男性がシトルリンを摂取する場合、その目安としては一日あたり1000mg程度、つまり1g程度を摂取するのが適正といえます。

運動量の格段に多いアスリートの方であれば、シトルリン2000mg程度を一日あたり1~2回摂取すると効果的とされています。

 

シトルリンの摂取上限量についても、明確な決まりはありません。

しかしながら過剰摂取などのリスクを考慮すると、一般男性の場合は一日あたり4000mgを超える摂取は控えましょう。

 

シトルリンサプリメントの効果的な飲み方や飲むタイミングとは?

筆者個人としては、シトルリンをはじめサプリメントはご本人の飲みやすいタイミングで服用することをおすすめします。

というのも、サプリメントの効果的な飲むタイミングに関しては諸説あります。

しかし、医学的な裏付けのあるものは今のところ見つかっていません。

 

とはいえ、飲むタイミングが悪いとせっかくのサプリメントの成分が体外へ多く排出されてしまうとも言われています。

では、実際のところサプリメントはいつ飲むのが効果的なのでしょうか?

 

一般的には、空腹時の服用が最も効果的とされています。

確かに空腹時は栄養の吸収率がアップするため、シトルリンをはじめサプリメントを飲むタイミングとしては効果的と考えられます。

 

またそのほかには、就寝前にシトルリンを飲むことを推奨する説もあります。

これは、成長ホルモンが最も分泌されるタイミングを根拠としたものです。

成長ホルモンの分泌のピークは、就寝後一時間半後くらいと言われています。

そのため就寝前にシトルリンを摂取することで、成長ホルモンの分泌をさらに促進する効果が期待できるとされています。

 

様々なタイミングが推奨される一方で、効率の良くない飲み方として食事中を挙げる説があります。

私たちの身体は食事中に摂取した食物から、まずたんぱく質を優先的に取り込もうと働きます。

そのためシトルリンをはじめサプリメントの成分の摂取が効率良く行われない、という点を根拠として挙げています。

 

しかし、成分単体の場合は体内にうまく吸収されにくいため食事中が効果的という説も存在しています。

 

こうして見ると、どのタイミングで飲むのがベストなのか甲乙つけ難いというのが正直なところですね。

 

それぞれの説によって推奨するタイミングは異なりますが、あくまでもサプリメントは薬ではなく食品の扱いです。

したがって、飲むタイミングによって効果の違いに大幅な差が生じるとは考えにくいところです。

そのためタイミングに固執するのではなく、飲み忘れに注意して毎日しっかりと服用を続けることが大切と言えます。

 

シトルリンには即効性はあるの?効果が出るまでの期間とは?

メリットの豊富なシトルリンですが、サプリメントを服用してからどのくらいの期間で効果が実感できるのか気になるところですよね。

 

一般的に、医薬成分を含まないサプリメントの場合には即効性はないとされています。

そのため、飲んだ直後に効果が実感できる・夜飲んだら翌朝効果が期待できるというものではありません。

 

シトルリンの効果を十分に実感するためには、ある程度の期間継続して摂取し続けることが肝心です。

実際のところ、効果を実感するまでの期間には多少の個人差があります。

早い場合であれば、数週間~1ヶ月前後でシトルリンの効果があらわれるとされています。

ですが、3ヵ月~半年程度というのが一般的な期間のようです。

 

少々長く感じられるかもしれませんが、効果を信じて飲み続けることが大切です。

 

気になるシトルリンの副作用とは?

これまでに本記事で解説してきたように、実に様々な働きを持つシトルリン。

その嬉しい効果を期待するものの、副作用に関して気になるという方もいらっしゃるかと思います。

 

現在に至るまで、市場ではシトルリンを配合した多数のサプリメントが販売されてきました。

しかし、シトルリンによる副作用の報告は確認されていません。

したがって過度に副作用を心配はありませんので、ご安心ください。

副作用の心配はないとはいえ、やはり一日あたりの摂取目安量を守って服用することが大切です。

 

ただし、以下に該当する方の場合には注意が必要です。

 

こんな方は注意が必要!

  • 心臓に持病を患っている方
  • 血液・血管に関係する病気を患っている方
  • 低血圧の方
  • 医師からの処方薬を常時服用されている方

シトルリンには、血管の拡張効果や血流促進の働きがあります。

そのため、上記に該当する方の場合には服用を控えることをおすすめします。

服用を希望される場合には、必ず医師にご相談の上服用を開始しましょう。

 

低血圧の方の場合、シトルリンの持つ血管拡張効果によりさらに血圧低下を引き起こす恐れがあります。

その結果、めまい・気絶などの危険な症状につながりかねません。

したがって、持病をお持ちの方と同様に注意が必要です。

 

また、効果を急ぐあまり摂取目安量を超えた服用も避けましょう。

過剰摂取による健康被害の恐れがあるため、必ず摂取目安量の範囲内での服用を心がけましょう。

 

シトルリンとアルギニンの違いは?それぞれの関係性や相乗効果について

シトルリンと同様に、多くの精力剤に配合されているアルギニン。

この2つの成分は異なる物質であるわけですが、実は他の成分にはあまりみられない深い関係でつながっています。

 

シトルリンは体内でアルギニンに変換され、その後シトルリンへと再度変換されます。

この変換の流れを繰り返しながら、体内で様々な働きをしているわけです。

 

その際、アルギニンからシトルリンへと変換される過程で一酸化窒素が生成されます。

この一酸化窒素の作用によって血管拡張の効果が得られ、次のような効果が得られます。

 

  • 勃起力の向上
  • ペニスの増大・サイズアップ
  • 精力増強
  • 美容・アンチエイジング効果

 

ただし、残念なことにアルギニンは体内への吸収率が低い成分と言われています。

また、肝臓で代謝されてしまう成分のひとつでもあります。

そのためアルギニンだけに頼ろうとすると大量の摂取が必要となるため、正直なところあまり効率的とは言えません。

そのアルギニンをサポートする役割を担っているのが、シトルリンです。

 

シトルリンは遊離アミノ酸であり、他のアミノ酸のように結合しない性質を持っています。

その性質を活かし、吸収率の低いアルギニンの吸収をサポートしてくれます。

 

このように、シトルリンとアルギニンは同時に摂取することが望ましい成分です。

サプリメントなどで2つの成分を効率良く摂り入れることで相乗効果が期待できるため、より効果を実感しやすくなるというわけですね。

 

もちろん女性にも!シトルリンは女性にも嬉しい効果あり!

勃起力の向上・精力増強などといった効果が期待できるということもあり、シトルリンは男性におすすめな成分なのでは?と思われる方も多くいらっしゃることでしょう。

もちろん男性にとっておすすめな成分であることには間違いありませんが、女性の方にも嬉しい効果が期待できる成分と言えます。

 

シトルリンの主な作用として、血管の拡張や血液循環の改善といった働きが挙げられます。

この働きは、女性のお悩み解消に非常に効果的と考えられます。

 

女性のお悩みとして挙げられることの多い冷え性。

この冷え性の原因として、手足など身体の末端部分に十分な血液が行き渡っていないことが挙げられます。

そのような場合、シトルリンの持つ血行促進効果により症状の冷えの改善が期待できます。

 

また、アルギニンからシトルリンへと変換する際に生成される一酸化窒素にも注目です。

この一酸化窒素による効果は、全身に嬉しい影響をもたらしてくれます。

 

まず、血管が拡張されることによって十分な栄養・酸素が体全体にスムーズに行き渡ります。

また、体内に溜まった老廃物がきちんと排出されるようになります。

その結果として、デトックス効果のほかアンチエイジング効果が期待できるというわけです。

 

さらに、血流改善には肌のターンオーバー促進という嬉しい効果も期待できます。

正常なターンオーバーを維持することで、潤い溢れる若々しい肌をキープすることが可能となります。

 

様々な効果が期待できるシトルリンは、男性の場合には精力アップのサポート的な役割を果たしてくれます。

また、女性の場合には美容・アンチエイジング効果のサポート役として非常に効果的な成分と言えます。

 

まとめ

今回は、気になる効果や摂取目安量などシトルリンに関する情報を詳しく解説してきました。

 

シトルリンは勃起力アップや精力増強などの効果から、夜の生活に自信をつけたい男性に非常におすすめな成分です。

またそのほかにもアンチエイジング効果やダイエット効果も期待できるとあって、男性のみならず女性の方にもおすすめできると言えます。

性別を問わず、ぜひ日頃から積極的に取り入れたいところですね。

 

皆さんも、毎日の生活にシトルリンをプラスしてみてはいかがでしょうか?

-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.