マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

成人男性の約3人に1人がED!?あなたは大丈夫?正しく見分けて対策しよう

更新日:

EDという言葉が日常的に聞かれるようになりましたね。

EDとは勃起不全とも勃起障害とも訳されるものであり、男性にとっては非常に気になるものだと思います。

では、実際にどのような状態をEDだというのか、具体的な例はご存知でしょうか。

これは意外に詳しく知っているという人は少ないかもしれませんね。

そして、自分自身がEDなのか、そうでないのかというところは気になるところです。

ここでは、EDとはどういう状態のことなのか、その定義や判断の仕方についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

EDとは?EDの定義

日本語で

 

「勃起障害」

 

「勃起不全」

 

と訳されるEDですが、正式名称は Erectile Dysfunction  といいます。

EDとはどういう状態なのか思い浮かべてみる時に、勃起させようにも全く勃起しない状態を指すのではないかと考える人が多いかもしれません

それは日本語のイメージからくる影響によるものであり、医学的な定義とは少し異なります

医学的な定義とは、

 

「性交を行おうにも満足な性交が出来ない状態となるほど、性交時に充分勃起をしない、もしくは勃起した状態を維持できないこと」

 

とされています。

ということは、いわゆる中折れである

 

「勃起していたのにセックスしている間に萎えてしまった」

 

という状態もEDであり、

 

「勃起するまでに長く時間がかかる」

 

という状態もEDに分類されます。

勃起に関係する能力に問題が起きていれば、それは全てEDなのです。

よって、EDの定義は非常に広いものであるということがお分かりいただけると思います。

以前よりも勃起した時の持続力が衰えてきた、硬さが衰えた、というものもEDだと考えて構いません。

勃起に関する悩みであれば、EDの可能性が考えられますね。

 

EDの症状とは?

それではここからは、EDの症状を具体的に確認していきましょう。

 

  1. 勃起までに要する時間が長い
  2. 勃起を維持している時間が短い
  3. 挿入はできるものの、勃起した状態の維持が難しく、途中でペニスが萎えてしまう

 

これらの症状があればEDだと考えてよいでしょう。

そういう意味では、挿入はできているが中折れ状態になってしまう3のケースもEDです。

こういった症状は勃起にいたるプロセスに何らかの障害が発生していることで起こります。

そのプロセスとは以下の通りです。

まず、脳が性的に興奮することで、

 

「勃起するように」

 

との指令を出してきます。

その指令は神経を通じてペニスに伝えられます。

その指示によってペニスの海綿体の陰茎動脈が拡張されます。

そして、海綿体に多量の血液が流れ込んで、それが充分な量まで達すると勃起します。

これらのプロセスに問題がなければよいのですが、実際には過重労働やストレス過多によって異常は起こりやすいです。

肥満でも誤作動を起こしますし、生活習慣病によって血流が減少しても異常の原因となります。

自身がどのような問題を抱えているのかをきちんと把握し、その原因を突き止めることで、対処が可能となります。

 

成人男性の約3人に1人がEDと言われる時代

1998年にどのくらいの男性がEDに悩まされているのか調査したところ、成人男性のうちの約25%がEDであるという結果が出ました。

そして、50代以上の男性であれば、約半数がEDであるとのことです。

確かに若干古いデータではあり、今どうなのか興味深いところではありますが、実際にはこの数字よりも多くの人が悩んでいる可能性は高いと思われます。

なぜかと言うと、

 

「たまにうまく勃起できない」

 

という軽度のEDはここには含まれていないからです。

中程度の

 

「時々うまく勃起できず、性交に支障をきたしている」

 

というもの、

重程度の

 

「勃起できないので常に性交が不可能である」

 

というものだけがこのデータの対象となっていますので、実際に全てのED患者の数を足してみると、相当なものになると思われます。

予想以上にEDに悩んでいる人は多いと言えるでしょう。

 

定義や症状から自分がEDかどうかを見分ける方法とは?

EDと一言で言っても、その言葉が意味する範囲は非常に広いのです。

また、それが指す内容があいまいであり、はっきりとした定義づけが難しいのが現状です。

たとえば10回セックスするとします。

そのうち全部の10回勃起しなかったと言われれば、それはEDだと誰もが思えますよね。

 

これがそのうち1回だけうまく勃起できなかった、としたらどうでしょう。

9回勃起しているので、EDの定義から見ればこれはEDではないと言われてしまうかもしれません。

でも、勃起しなかったその1回のことは本人にとって大きな悩みとなりますよね。

これが心に重くのしかかり、そのせいでセックスるすることが怖くなるかもしれません。

 

このように、定義や症状からEDだと定義づけられなかったとしても、多少でもセックスの際に勃起に関して不安要素を抱えているのであればEDだと言えるのではないかと思います。

そして、今後に向けて対策を練る方がよさそうです。

EDは放置していると治ることはないと考えておきましょう。

 

EDの原因は大きく3つに分類される

EDになってしまうのはどのような原因があるのでしょうか。

大きく分けて3つの原因が存在します。

 

  1. 器質性ED
  2. 心因性ED
  3. 薬剤性ED

 

器質性EDは身体的な問題で起こります。

心因性EDとは、精神的な問題で発生します。

薬剤性EDとは薬が大きく影響します。

これら3つの原因について、もう少し詳しく解説していきます。

 

器質性ED

EDになってしまう原因として大きなものは、血液の流れが悪くなって起こるものがあり、それを器質性EDといいます。

中高年の男性がEDに悩んでいる場合には、ほとんどこれが原因となっています。

年齢を重ねるとともに血管はその柔軟性をだんだんと減少させていきます。

柔軟性がなくなることで、徐々に硬くなっていき、そうなると血管が充分に拡張することができません。

そうするとペニスへも血液の供給量が減ってしまいます。

 

勃起を起こすメカニズムとして、ペニスの海綿体に充分に血液を送り込む必要がありますが、それが減ってしまうということは充分に勃起できないということです。

動脈硬化のように血液が上手に供給されなくなると、EDとなってしまいます

生活習慣が乱れてしまうと、それが影響してEDになることもあります。

たとえば、飲酒や喫煙は動脈硬化を進行させてしまいます。

食事内容についても、糖分や脂質が多すぎないかきちんとチェックする必要があります。

こういった生活習慣を改善することは非常に重要なことであり、適度な運動を取り入れたり、禁煙、飲酒を控えたりといった努力もEDの改善に効果があります。

 

神経が原因でEDになる場合も

器質性EDとなるもう一つに、神経が原因となってしまう場合があります。

性的興奮が脳の中枢神経からの信号という形で脊椎や末梢神経に伝わることで勃起するのですが、それが何らかの原因でペニスにうまく伝わらないと勃起できなくなってしまいます。

ペニスにうまく伝わらない原因には、外的要因と内的要因の2つがあります。

 

まず、外的要因は、神経が傷ついたこと、例えばけがや手術というものがあります。

外科手術や事故といったそのような外部からの要因のせいで神経を損傷する事態となってしまうと、脳からの信号が身体にうまく伝えることができなくなってしまいます。

そうすると性的な興奮も脳に伝わらないのでEDとなってしまうというわけです。

内的要因とは病気が原因となる場合です。

糖尿病やパーキンソン病、アルツハイマー病や生活習慣病といったものが神経伝達を阻害し、そのせいでEDとなってしまうことがあります。

 

心因性ED

20代、30代の若年層の男性に多く見られがちなのがこの心因性EDです。

常日頃のストレスが原因となることもありますし、セックスに対するプレッシャーが原因となることもありますが、いずれも精神的なことが引き金となります。

身体的には全く原因がない、もしくは原因がないように見えるけれども、ストレスやプレッシャーによって性的な興奮が伝達されなくなってしまい、心理的な原因となってEDを引き起こすのです。

近年多くみられる理由として挙げられるものの一つが

 

「排卵日セックス」

 

でしょう。

絶対この日にセックスしなければならないというその義務感がプレッシャーとなってしまい、勃起につながらないというものです。

これは若年層に多い原因と考えられています。

また、過去にセックスに関して失敗した体験がフラッシュバックして、その記憶がストレスとなり勃起できないということもあります。

セックスに対して経験値の少なさが原因と言ってもよいと思います。

これらのストレスとはセックスに関するものだけではありません。

日常生活や仕事といった常日頃から感じているような過度なストレスがその原因となることもあるので要注意です。

 

混合型ED

混合性EDというものもあり、これは器質性EDと心因性EDの複合的な原因によって起こるものです。

どちらかが必ず明確に原因しているという事例は実は少ないのです。

加齢によって血管が老化したということと、仕事で多大なるストレスを感じているという2つの原因が重なって、その結果EDとなってしまうという事例も多く、その原因は2つとは限りません。

複数の事例が積み重なる場合は、さらに複雑になります。

 

薬剤性ED

薬剤の中にはEDが副作用として起こるものがあります。

そのようなことが原因となるものを薬剤性EDといいます。

その場合、今使っている薬を、EDの副作用がないものに変更することだけで改善することが多いです。

比較的治療しやすいEDと言えます。

 

現在治療中の病気の主治医に相談して、薬を変えることを検討してみてください。

どのような薬剤が影響するかについては、日本生殖機能学会のホームページにその薬剤の一覧が載っています

器質性ED、心因性EDと比べて患者数は少ないと思われますが、気になる方は一度ホームページを確認して、医師に相談してみましょう。

 

まとめ

一言でEDと言っても、さまざまな状況があり、また原因も1つではないということがお分かりいただけたと思います。

生活習慣を見直したり、ストレスの要因を排除することでEDは改善していきます。

また、EDに悩んでいる人は予想している以上に多いのです。

まずは自身の状況を把握して、何が原因となっているのかチェックしてみましょう。

EDは適切に対処することで改善することができます。

それを信じて頑張っていきましょう!

-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.