マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

ED治療の費用はいくら?病院に行けば絶対治る?!3タイプの方法と検査内容とは?

更新日:



現代の日本では、軽度も含めると成人男性の3人から4人に1人の割合でEDであると言われています。

気になる症状があると病院で受診したいですよね。

でも、どういう治療を受けるのかご存知ですか。

また、どれくらいの費用が掛かるのかも知りたいところです。

そこでここでは、EDの初診の際に掛かる費用は大体いくらなのか調べてみました。

また、治療法によって金額も変わってきますので、それも合わせて参考にしてください。

 

ED治療で病院を受診する際の初診時の費用の相場は?

気になる症状や状況があれば、

 

「もしかしてED?」

 

と思ってしまいますよね。

そこで病院に受診してみた場合、最初に掛かる費用は

 

  • 初診料
  • 検査代
  • 薬代

 

の3つです。

ただ、検査代としては、病院によっては採血や血圧測定をするところもあるようなのですが、ほとんどの場合は問診だけで済むことが多いようで、そうなれば初診料と薬代だけで終わるケースがほとんどのようです。

そして治療薬としては3つのみしか国内で認可を得ておらず、処方されるものはそれが全てです。

それぞれの種類と価格を記載しておきますね。

 

バイアグラ
  • 25㎎ 1錠あたり1,000円から1,300円
  • 50㎎ 1錠あたり1,500円から2,000円

 

レビトラ
  • 10㎎ 1錠あたり1,200円から2,000円
  • 20㎎ 1錠あたり1,400円から2,500円

 

シアリス
  • 10㎎ 1錠あたり1,500円から2,500円
  • 20㎎ 1錠あたり1,900円から3,000円

 

全て1錠あたりの価格で記載しましたが、実際に受診した場合にバイアグラを10錠処方されると薬代だけで1万5000円から2万円程度かかということになります。

初診の場合であればさらにそこに初診料が加わります。

しかも健康保険適用外となり、全て自己負担となるため、金額を各病院で設定することが出来、そうなると倍以上かかることもあります。

ホームページに料金体系をきちんと明記しているクリニックも多いですので、そういう病院を選んだ方が安心ですね。

 

また、大手ED治療専門のクリニックであれば、初診料や再診料を無料としているところもあります。

そういうところであれば薬代だけで済みますので、負担が掛からないですよね。

出来るだけそういう病院を選んだ方がよいですね。

 

2回目以降のED治療の費用はどうなる?

まずは初診の場合からご説明してきましたが、2回目以降の場合はどうなるのかをご説明していきますね。

処方箋だけであるならば、薬代と再診料だけで済みます。

ただ、ED治療薬を前回に処方されていた場合、その効果が薄かったり、改善されていなかったりということがあれば、治療方法が変わる可能性もあります。

そうなると治療費と検査費が新たにかかってきますし、治療薬も続けて服用するのであれば、その薬代も継続となります。

それでは、もっと具体的な治療方法と費用の相場を見ていきましょう。

 

病院に行かずにED治療薬を購入することは可能なのか?

出来ることであれば、自分でEDを治したいと思いますよね。

処方箋を手に入れなくとも、自分でバイアグラを購入できれば解決しそうに思えます

しかしながら、国内でED治療薬を手に入れようと思ったら、医師の処方箋は必須となります。

国内でED治療薬を買いたいと思えば、病院や専門のクリニックに行かなければなりません。

通販で買えばよいと思うかもしれませんが、それは法律で禁止された行為です。

ただ、実際に自分で手に入れているという人はいて、そういう人は海外から購入しています。

日本国内の法律は適用されないからです。

 

よって海外の薬の個人輸入代行をしている通販サイトは探せば多く存在します。

これらのサイトや業者を利用する理由としては、処方箋不要で、人にばれる心配がないということがあります。

しかし、全ての業者を信頼してよいかというとそういうことはなく、実は悪徳業者も多いのです。

厚生労働省の報告では、海外から購入しているED治療薬の4割が偽物だったと判明したそうです。

中には良心的なサイトもあるでしょうが、それはすぐにはわからないですもんね。

まずは医師の診断を受けてみた方がよさそうです。

 

ED治療には主に3つの方法があります

EDを治療する方法ですが、一番ポピュラーである、ED治療薬を飲むという方法も含めて、大きく分けて3つの方法があるのです。

では、1つずつ治療方法と費用相場をみていきましょう。

 

ED治療薬を使った方法と費用

最初にEDを治療する目的で受診した場合、受ける治療方法が処方箋による改善法となります。

バイアグラを使うのか、レビトラ、もしくはシアリスを使うのかによって費用は多少変わってきます。

それぞれどのくらい効果が持続するのか、副作用があるのかなど異なってきますので、どの薬を使うのかは医師とよく相談するようにしましょう。

 

ICI治療(陰茎海綿体自己注射療法)による治療方法と費用

ICI治療(陰茎海綿体自己注射療法)というのは、その日本語からもわかるとおり、ペニスに自身で薬剤を注射し、それによって勃起させるという方法です。

なかなか高額の治療法となっており、最初の1本をクリニックで打つ場合は1本が1万円ほどはかかりますし、大学病院ならば検査費用とは別に6,000円必要となります。

そして、2回目以降の注射は自分で打たなければなりません

ED治療薬であれば通常の勃起メカニズムと同じように、性的な興奮によって勃起させるのですが、ICI治療は注射した薬剤の力に頼って矯正勃起をさせます。

 

よって、この治療法はED治療薬で効果が出なかった場合や、持病があって薬を投与できない場合に用いることがあります。

デメリットとしては、国内でこの治療がまだ認可されていないということです、

あくまでも自己責任で行わなければなりません。

また、自分で注射を打たなければならないというのもデメリットですね。

また、あくまでも薬剤の力で強制的に勃起をさせるので、ED治療薬を使った場合と違って感度が極端に低下することもあるようです。

 

ED1000機器を使った治療方法(勃起不全衝撃波治療)と費用

ED1000機器を使った治療法とは、勃起不全衝撃波治療です。

EDの治療法の中では最新であり、根本的にEDを改善できるようになります。

掛かる費用は1回で3万円から4万円ほどであり、それを最低でも6回以上12回程度は行うことになるため、結局総額として20万円から40万円ほどとなります。

 

どのような治療を行うのかというと、ED1000という機器を使うことで、ペニスの血管を再生させるというものです。

既に海外では2013年から確立されており、日本でもその効果を認め始める大学や研究機関があらわれるようになりました。

今はまだマイナーな治療方法だと言えますが、今後メジャーになる可能性は非常に高いです。

費用は高額ですし、治療に要する期間も半年から1年程となりますので、デメリットも多いとは言えますが、それでも加齢などでEDが進んでいる男性によっては救世主的存在となることでしょう。

 

実際にED治療を行って治る確率ってどれくらいなの?

EDの治療法をご紹介してきましたが、そのどれもが健康保険適用外であり、全額自己負担となります。

そうなると非常に高額で、金銭的な負担が重くのしかかります。

これだけの費用が掛かってきちんとEDが改善されるのであれば納得がいきますが、実際にはどの程度の効果があるのか気になるところですね。

ここからは治る確率について解説していきます。

まず、ED治療薬とICI治療についてですが、残念ながらこの2つの方法では根本的な治癒はほぼ見込めないということになります。

 

ほぼというのは例外もあるからで、それは20代の若年層が心因性EDとなっている場合はバイアグラ等の治療薬で根本的に治癒する人もいるからです。

ED治療薬で勃起することが出来るようになると、それまでの経験不足からくる自信のなさや緊張などの心因性負担が解消されて、薬の力に頼らずとも自分で勃起させるとこが出来るようになる場合があるのです。

ただし、このケースの対象は非常に限られていますよね。

 

身体的な問題が原因となっている器質性EDであればこのような恩恵にあずかることはできません。

そうなると、その場その場での対症療法的な治療となってしまい、あくまでも根本的な治療ではないということがお分かりいただけるかと思います。

なお、勃起不全衝撃波治療としてED1000機器を使う場合ですが、治る確率は現況としては非常に高いと言われています。

帝京大学医学部が2011年に27人に対して行った臨床試験において、そのうちの18人の男性に改善が見られたというデータが残っており、他の国内の臨床試験でも有効性は75%であるという報告もあったようです。

となると、現在の状況としては7割前後の確率で改善されていると考えてよいでしょう。

 

自力でEDを改善、治す方法とは

バイアグラを投与すると確実に勃起するのでつい頼りたくなりますが、それは根本的な治療とはなりませんよね。

確かに薬を投与して勃起させるということも大事ですが、それとともに自力でEDを改善できるようにしなければなりません

かと言って、どのように改善していけばよいのでしょうか。

すぐに解決するわけではありませんが、生活習慣を見直して改善することで、EDも改善していくことが出来ると言えます。

勃起力が低下してしまうのは、血行不良であったり、テストステロンが低下してしまうからです。

よって、日常生活の中で血流をよくして、ペニスへうまく血液が循環するようにしたり、生活習慣を改善することで男性ホルモンであるテストステロンを増やしていくようにしたりすることで、勃起力の回復は見込めます。

 

最近ではサプリメントも複数出回っています。

勃起するのには一酸化炭素が必要となるのですが、その一酸化炭素を増やすのに有効なアルギニンとシトルリンに特化しているサプリもあり、質が高いのでお勧めです。

サプリメントの中では高額なものに位置づけられますが、ED治療薬と比較するとかなり格安だと言えます。

もちろん食生活を改善したり、運動を日常生活に取り入れることはかなり大切ですが、それとともに精力サプリメントを飲めば、より根本的に解決することが出来るでしょう。

 

ED治療の病院に行く前によくある疑問や不安について

そもそもED治療の病院って何科を受診すればいいの?

ここがよくわからず受診できないという人もいるかもしれませんね。

EDの場合は、一般的には泌尿器科が取り扱っています。

実は内科などといった診療科目でも扱っているそうです。

一番安心なのはEDを専門とするクリニックでしょう。

 

初めてED治療の病院に入った時の診察の流れは?

最初にED治療のために病院を訪れた場合は、一般的にまず問診があります。

その後問題が見受けられなければ治療薬を処方されて終了となります。

もちろん医療機関によるとは思いますが、ほとんどがこの流れです。

検査があったとしても血圧測定や採血程度で済むようです。

意外にあっけなく終了したと思う人が多いようですね。

もし心臓病などの持病で薬の処方が出来ないようであれば、注射など別の治療法を行うこともあるでしょう。

 

ED治療で病院に行く際に持っていった方がいい持ち物はありますか?

通常受診するとなると健康保険証が必要ですが、ED治療に関しては健康保険適用外であるため健康保険証は不要です。

ただ、持病があって現在内服中の薬があるようであれば、そういったものは持っていった方がよいと思います。

問診時に聞かれるとは思いますが、正確な情報を伝えるために、おくすり手帳があってもよいですね。

 

EDの病院(泌尿器外科)に行って相談するのが恥ずかしいです

やはり最初に受診する際には恥ずかしいと思う方が大半のようです。

ただ、病院としてはそういう患者を診察するのが当たり前なので、こちらも全く気にすることはありませんよ

最初は恥ずかしいと思って受診をためらっていた男性たちも、受診した後

 

「行ってよかった!」

 

と思うようです。

他の診療科目に行くのと変わりないと思って行ってみてください。

 

女性の看護師とか医師にいると行きづらいです

そこはやはり気になりますよね。

特に若い可愛い看護師さんがいたりすると、より行きたくなくなる気持ちはよくわかります。

女性の看護師がいる可能性は近場の内科、泌尿器科や大学病院の方が高まります。

どうしても男性だけがよいというのであれば、ED専門のクリニックを探してみましょう。

中には受付も含めスタッフは全員男性のみというクリニックもありますよ。

 

直接、触診(ペニスを)ってありますか?

基本的にはありません

問診後に薬をもらうだけです。

ただ、注射をする必要があれば、それはあるかもしれません。

 

まとめ

EDの治療法とその費用についてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか。

そのどれもが健康保険適用外なので、ある程度の出費は見こさなければなりません。

結果、根本的に解決できない場合もあります。

信頼できるED専門のクリニックを見つけることが一番のポイントだと思います。

そして、こういった治療と並行して、生活習慣を改善したり、精力サプリメントで体質改善を行ったりすることで、根本的改善を目指せるとよいですね。



★最安値公式サイトはこちら!★
黒マカDX




スポンサーリンク


-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.