マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

精力減退の根本的な原因は5つ!日常生活に潜む症状の引き金とは?最適な対策法を見つけ出そう

更新日:

年齢を重ねるとともに、どうしても男性機能が低下しがちです。

でも、できればずっと、男性機能をキープしたいものですよね。

 

そこで気になるのが、

 

「どうして男性機能は衰えてしまうの?」

 

ということです。

そこで今回は、どうして性欲や精力が減ってしまうのか、その原因について詳しくご紹介していきますね!

また、その対策方法についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

精力が減退する根本的な理由について

ではさっそく、精力や性欲が減ってしまう根本的な理由から見ていきましょう!

 

男性ホルモンであるテストステロンが減る

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量によって、男らしい体格や精力の強さが左右されます。

でも、加齢とともに、テストステロンが分泌する量は減少してしまうため、精力が減退してしまうのです。

加齢とともにテストステロンを分泌する精巣も歳を取るので、縮んでしまうということなのです。

テストステロンの分泌量が少なくなってしまったら、性欲も減るし、勃起を持続する力も弱まってしまいます。

ただ、人間には個人差があるため、テストステロンの分泌量も人によるところがあります。

テストステロンの分泌量は、同年齢の男性で比べてみると、多い人と少ない人の差は約3倍もあるくらいです。

 

60代や70代でも、精力が盛んな男性っていますよね。

逆に、若いのに精力が弱くて悩んでいる男性もいます。

これは、個人差からきているのです。

ただ、年齢を重ねるとともにテストステロンは減っていくのですが、精力が減退する理由は他にもあります。

不規則な生活習慣のようなことが理由で、精力が減退することもあるのです。

他の理由については、後ほど詳しくご紹介していきますね!

 

筋肉量が減少

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量によって、精力が左右されるのですが、実は、筋肉量が多ければ多いほど、テストステロンが分泌される量は増えるって知っていましたか?

マッチョな男性って、精力が旺盛に見えますよね。

痩せている男性よりも、マッチョな男性のほうが精力が盛んに見えるのは、実際にテストステロンの分泌量が多いからなのです。

さきほど、年齢を重ねるとともにテストステロンの分泌する量が減少するとお伝えしましたが、筋肉量を増やせばテストステロンが増えるため、精力の減少を抑制することができます。

 

つまり、運動をしていない若い男性は、いくら若いとは言っても、筋肉が落ちて脂肪が増えてテストステロンの分泌が減少するため、精力が少なくなってしまうということですね。

筋肉量と代謝は繋がっているので、筋肉量が減ってしまうと代謝も下がってしまいます。

すると、血管の状態や血液の状態が悪くなってしまい、これも精力の減少につながります。

血行が悪くなってしまうと、勃起力がダウンしたりEDの原因となったりするため、筋肉量はあらゆるところから精力を左右するということですね。

 

不規則な生活習慣

栄養バランスの悪い食生活や不規則な生活習慣を行っていると、精力が減退する大きな理由となってしまいます。

栄養バランスが悪い食生活を続けていると、精力向上に必要な男性ホルモンの栄養が足りなくなってしまうため、男性ホルモンが正常に分泌しなくなってしまうでしょう。

さらに、運動不足の場合は、皮下脂肪や内臓脂肪がカラダに蓄積してしまうため、精力はさらに減退してしまいます。

テストステロンが分泌する量と脂肪の量は反比例するため、脂肪が増えると精力は減ってしまうからです。

 

不規則な生活習慣は、血管や血液にも悪い影響を与えます。

血行が悪くなってしまったら、酸素や栄養がカラダ全体に届かなくなるため、ペニスなどの末端部位には、かなりのダメージが与えられてしまうのです。

不規則な生活習慣は、生活習慣病の原因にもなり、EDにつながることもあるので、生活習慣を見直してみてくださいね。

 

ストレスによる影響

自律神経は、ストレスなどが溜まってしまったらバランスが悪くなってしまうので副交感神経があまり働かなくなり、男性ホルモンが正常に分泌できなくなります。

若い男性がEDになる原因のほとんどは、ストレスなどによる心因性が理由です。

ストレスが人間に与えるダメージは強いので、あなどれませんね。

 

また、年齢を重ねるとともに、仕事場や家庭などでストレスが溜まることがよくあるので、これも男性機能の低下につながります

加齢や運動不足などでカラダの機能が低下してしまい、精力が下がったりEDになったりすることも少なくありません。

ストレスが溜まりすぎてしまうと、精力が減る以外に、うつ病などの精神的な病気にかかってしまうこともあるので、ストレスを発散することは非常に大切です。

身体的にも精神的にも健康的な生活を過ごせるように、ストレスを抱えないように心がけてくださいね。

 

病気などによる影響

病気や事故の影響で、勃起障害になることもあります。

このケースでは、精力が低下するというのとは少し違います。

病気や事故によって、勃起をコントロールする中枢神経が傷ついてしまうので、性的な刺激を与えられてもペニスにシグナルが到達しなくなってしまうのです。

 

このように神経が傷ついてしまったら、EDの治療薬を使用しても効果を実感することはできません。

スキーやスノーボードなどの事故によって、中枢神経が傷ついて勃起障害となることがあります。

症状が軽い場合は治ることもあるのですが、症状が重いときは、勃起できなくなってしまうでしょう。

ちなみに、事故などによる精神的なトラウマから生じるEDは例外になります。

 

精力減退を生じる主な原因

精力が減退する根本的な理由をお伝えしてきたので、次は、精力を減退させる主な原因についてご紹介していきますね!

精力が低下する主な原因は、器質性のフィジカルな原因と、心因性のメンタルな原因、そしてこれらの2つが合わさった混合型の原因があるのですが、なんと約86%は、この混合型が原因となってるのです。

では、詳しく見ていきましょう!

 

PC筋が弱まる

PC筋(骨盤底筋)とは、恥骨と尾骨をつなぐ筋肉になります。

PC筋は、排泄を司るという主な働きがあります。

PC筋がしっかりと活動していれば、おしっこをしている最中に、おしっこを止めることができます

また、ペニスがおしっこを切るときに震えるのは、PC筋の働きになります。

つまり、PC筋が弱まってしまったら、尿の切れが悪くなったり残尿感を感じたりするようになるということですね。

 

さらに、PC筋は勃起と密接な関係があります。

PC筋は、ペニスの海綿体へ血液を届ける働き、体内に埋まった海綿体を体外に排出する働き、海綿体の動脈にある血液をキープする働き、などがあるのです。

なので、PC筋が弱まってしまったら、勃起力や維持力も弱まってしまうということです。

 

喫煙や過度な飲酒

栄養バランスが整った食生活をしていたり、定期的に運動を行っていたりする場合でも、毎日タバコを吸っていたりアルコールを飲んでいたりすると、精力が向上するのは難しくなってしまいます。

タバコにはニコチンが含まれているため、性欲が下がってしまいます

また、タバコを吸うと血管が縮んでしまうため、ペニスへの血液量が減ってしまうのです。

その結果、勃起する力や精力は減退してしまうでしょう。

 

お酒は少しの量をたしなむくらいなら、血流が良くなる効果やリラックス効果があるため、精力がアップする感覚がありますよね。

でも、たくさんお酒を飲んでしまうと、精力が下がってしまうというのは確実です。

アルコールには、神経を麻痺する働きがあるため、勃起するのが困難になることがあります。

また、性行為のときに、射精できなくなるケースも少なくありません。

さらに、大量のお酒を飲み続けていたら、アルコール依存症になる可能性も上がるので、精力だけでなく健康にも悪い影響を与えてしまうので注意してくださいね。

 

睡眠不足や疲れ

男性ホルモンが分泌する量は、疲れが溜まってしまうと減退するため、しっかりと良質な睡眠を取って、疲れを癒すようにしましょう。

良質な睡眠を取れば、身体的にも精神的にもプラスになります。

1日の溜まった疲労物質が押し出されていくので、細胞が修復されて男性ホルモンが分泌されやすくなります。

良質な睡眠は、脳の疲れも元気にしてくれるので、ストレスを和らげることにも効果的ですね。

 

睡眠が足りなくなってしまったら、疲労物質が体内に溜まってしまいます。

そして、疲れた脳もそのままの状態になるので、ストレスもどんどんと溜まってしまうでしょう。

男性ホルモンは、ストレスや疲れが溜まってしまうと分泌量が少なくなるため、睡眠不足と精力減退は大きく関係しているということです。

精力が低下するのを抑えるために、1日に最低でも6時間以上は眠ることを心がけてくださいね。

 

男性の更年期障害

「更年期障害は、女性がなるのものでは?」

 

と驚く男性もいるかもしれませんが、実は、更年期障害になる男性は少なくありません。

男性の更年期障害は、LOH症候群とも言われていて、男性ホルモンであるテストステロンと密接につながっています。

テストステロンが分泌されるのは、20代が最も盛んな時期です。

そして、加齢とともにテストステロンの分泌量は少なくなってしまいます。

 

加齢に、ストレスや不規則な生活習慣がプラスされると、さらにテストステロンの分泌量が減ってしまい、男性の更年期障害へとつながっていきます。

そして、精力がかなり低下してしまうでしょう。

テストステロンの分泌量が少なくなると、精力の低下以外に、筋肉痛、うつ症状、脳梗塞や心筋梗塞の危険性、などの原因にもなってしまいます。

これらの症状は、テストステロンの分泌量とは関係ないと思っていた人も多いと思いますが、最悪の場合は生命へのリスクが生じることもあるくらいです。

 

生活習慣病

生活習慣病である糖尿病や高血圧は、血行を悪化させる病気です。

そのため、精力が低下する原因となってしまうのです。

中でも糖尿病は、精力減退以外に、生命にもリスクを生じる注意すべき病気で、急に血糖値が上がって血管を詰まらせたり、腎臓にダメージを与えて腎不全を生じたりすることがあります。

高血圧になると血管が詰まるため、動脈硬化に繋がる危険性も上がります。

 

糖尿病や高血圧は、ペニスにもはっきりとしたダメージを与えます。

海綿体に血液が集まって増大することによって勃起が生じますが、血流が悪くなってしまったら、血液が海綿体に上手く行かなくなってしまうため、勃起障害や勃起不全を生じてしまいます。

実際に、EDを治療するために泌尿器科に行ったら、糖尿病であることを診断されたという男性も少なくありません。

 

育毛剤やAGAなどの治療薬

ミノキシジルやプロペシアは、AGAを治療する薬としてよく知られています。

これらの治療薬は、発毛効果に高い効果が期待できる薬なので人気がありますが、利用者の約10%が副作用を生じている薬なので、使用には注意が必要です。

ミノキシジルを利用した人の副作用で一番多いのは、頭皮のかゆみや湿疹になります。

しかし、精力が低下したという人が20人の中に1人いるので、精力減退の副作用の危険性は高いと言えます。

プロペシアでは、精力が減退した男性や勃起力が下がってしまった男性が、50人~100人の中に1人います。

 

つまり、AGA治療薬を利用する男性は、薄毛の効果を実感できる可能性は高いのですが、男性機能にダメージが与えられるという危険があるということも知っておきましょう。

ただ、AGA治療薬の使用をやめたら、精力は元に戻るということです。

 

事故で中枢神経が傷つく

スキーなどの事故を起こしたときに、勃起をコントロールする中枢神経にダメージが与えられてしまい、後遺症としてEDになることもあります。

事故によって、ダイレクトに精力が低下するということではなく、ペニスに性的な刺激を伝える神経が傷つくことによって、性欲は生じても勃起しなくなってしまうのです。

ただ、神経性が原因である勃起障害の場合は、海綿体に血管平滑筋弛緩剤を注射すれば、元に戻ることもあります。

でも、ペニスの血管にダメージが与えられてしまったときは、回復はかなり難しくなってしまうでしょう。

 

薬による副作用

さきほどもお伝えしたように、AGAの治療薬には、精力を低下させる副作用が生じてしまうことがあります。

しかし、AGAの治療薬よりも精力の低下が生じる危険性が高いのが、抗鬱剤などの向精神薬になります。

抗鬱剤はセロトニンをアップして、セロトニン2受容体に刺激を与える働きをするものがほとんどです。

なので、抗鬱剤を利用すると、男性の場合は勃起・射精障害、女性の場合は精力減退や生理が乱れるなどの症状が生じるリスクがあるのです。

抗鬱剤が原因で精力が低下しても、精神科などで診てもらう際になかなか話しに出ないので、異変があるにも関わらずそのままになってしまうケースが少なくありません。

 

メタボや肥満

研究によって、テストステロンの分泌量は、脂肪が増えてしまうと減ってしまうことがわかっています。

このことから、肥満になると精力が低下してしまうということが納得できますね。

実は、メタボになるほうが肥満になるよりも、精力の減退はひどくなります。

メタボと肥満は異なるもので、同じものではありません

メタボになると血圧や血糖に異常が見られるようになるため、肥満になるよりもメタボのほうが症状は重いという大きな違いがあります。

脂肪が増えてしまうとテストステロンが分泌する量が減るだけでなく、血行にもトラブルが生じてしまうので、勃起にもダメージが与えられてしまうのです。

 

AVを使用したオナニーの頻度が多い

アダルトビデオを観てオナニーを頻繁に行っている男性は、精力が盛んだと言えるのですが、生身の人間とセックスをするときに、性的に興奮できなくなってしまうことがあります。

つまり、奥さんや彼女に対して、性欲がなくなってしまうということです。

アダルトビデオの場合は、好みの女性と好みの状況での想像上でのセックスが楽しめます。

 

また、オナニーなので、タイミングや力加減も好みにアレンジできるので、射精もしやすくなるでしょう。

ところが、生身の人間とのセックスとなると、全てが自分の好みになることはあまりないため、面倒になってしまって性欲がわかないことがあります。

さらに、正しくないオナニーを頻繁にしていると、現実のセックスやペニスにダメージが与えられる可能性も高くなってしまいます。

自分は正しいオナニーをしているかどうか見直してみてくださいね。

 

セックスがマンネリ化している

ずっと同じ奥さんや彼女とセックスしていたら、セックスがマンネリ化してしまうことも少なくありません。

すると、マンネリ化したセックスに、性欲がわかなくなってしまうことがあるのです。

性欲を刺激して興奮するために、セックスを新鮮なものにしていくように心がけましょう。

これは、2人の関係を良くするためにも大切なことです。

特に長年一緒にいるカップルは、セックスを快楽としてではなく義務的に行っているというケースも少なくありません。

そうなってくると、セックスに性的な刺激がなくなって精力が低下してしまうため、セックスを新鮮なものにしていくことがとても重要になります。

 

奥さんに対して精力減退

男性は視覚によって、性的な刺激を感じる部分が大きいので、年齢を重ねた奥さんに対して性的に興奮しなくなるケースもあります。

また、結婚して彼女から家族になったことによって、奥さんが姉妹みたいになってしまう男性もけっこういます。

アダルトビデオや他の女性で性的に興奮する場合は、精力が低下しているわけではないのですが、奥さんに対して精力が低下してしまっています。

さきほどお伝えしたセックスのマンネリ化と似たところがあるのですが、このようなトラブルを改善するためには、カップルで向き合って、セックスについて話し合うことが大切です。

そして、刺激的なセックスができるように工夫していけば、奥さんに対する性欲減退が改善されるはずです。

 

ペニスやセックスに関するコンプレックス

セックスで失敗した経験がある男性や、自分のペニスの大きさ、包茎、早漏などにコンプレックスがある男性は、心因性の原因で性欲が減退してしまう可能性が高まります。

セックスのときに相手の女性に不快なことを言われたり、セックスが上手くできなかったりした過去の出来事がトラウマになってしまい、次のセックスのチャンスがあっても、

 

「またあのような経験をするのはイヤだ!」

 

という気持ちが生じてしまい、性欲がわかなくなってしまうのです。

コンプレックスを抱えているという自覚はなくても、実際には、精神的にダメージが与えられていることは少なくありません

コンプレックスに自覚があってもなくても、カラダに悪影響として現れてしまい精力が減退してしまうため、自分の力で改善できないときは、専門の先生からアドバイスをもらってみてくださいね。

 

精力減退の最適な対策法は精力剤!

精力減退に働きかける成分が含まれた精力剤を摂取すれば、精力が低下するのを防ぐことが期待できます。

特に、勃起力を高める効果が認定されているアルギニン、シトルリン、亜鉛などが配合されている精力剤がおすすめです。

ほとんどのAV男優さんは、精力剤サプリや精力剤ドリンクを使用されていますよね。

 

ただ、効果が高くて人気がある精力剤でも、健康食品なので医薬品ではありません

なので、効果の即効性を感じることはないため、精力剤の栄養がカラダに働きかけるようになるまで、少なくとも3カ月~6ヶ月くらいは摂取を継続することが大切です。

それから、精力剤選びもとても重要で、自分の精力が低下している原因や、自分の男性機能回復の目的に合ったものを選ばなければ、せっかくの効果を実感しにくくなってしまいます。

いくら選んだ精力剤の口コミが良かったり評判が高かったりしても、合わないものを買ってしまえばあまり意味がありません。

 

また、海外で作られた精力剤を安易に購入するのもおすすめできません

海外製の精力剤には、日本で作られた精力剤よりも強い成分が配合されていることが多いのですが、実際には、個人輸入の海外製の精力剤のなんと50%が、偽物と言われているくらいです。

さらに、違法な成分を配合して取り締まりされる海外製の精力剤は、未だになくなりません。

なので、絶対に安全で安心だという確信がない限り、海外製の精力剤を購入するのはやめるようにしてくださいね。

危険な買い物をしなくても、日本製の精力剤を使用すれば、精力向上効果を実感できるはずです。

 

実際に、わたしは精力剤サプリの摂取をずっと続けていて、勃起力が高まってきています。

もちろん精力剤サプリを飲むだけでなく、栄養バランスの整った食生活を心がけたり、規則的な生活を送ることも忘れないようにしてくださいね。

そうすれば、精力剤だけでは補足できない精力向上のための栄養素を体内に取り入れることができるので、精力減退を効率的に改善できるでしょう。

 

まとめ

精力が減退してしまう理由やその対策方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

精力が減退する理由はいろいろとありましたが、自分に当てはまるものがありましたでしょうか?

精力減退の最適な対策法は、精力剤を使用するということです。

自分の精力減退の原因を知ってその改善目的に応じた精力剤を摂取すると同時に、栄養バランスの整った食生活や規則的な生活を行って、精力減退を改善していきましょう!

-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.