マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

筋力アップで男の活力が上がる!?精力増強に効果的な筋トレとは?今すぐ始められるオススメな鍛え方

更新日:

なんとなくのイメージですが、筋肉ムキムキのほうが精力が強いように思いませんか。

例えばAV男優さんも、ムキムキの人のほうが多いですよね。

なんとそれはイメージではなく、実は事実なのです。

筋肉がアップすれば精力がアップするというのは本当なんですね。

 

ここでは、精力を増強させるのに効果的な筋トレをご紹介していきます。

その前に、どうして筋肉がアップすれば精力がアップするのか、そのメカニズムについてもご紹介しますよ。

是非参考にしてくださいね。

 

なぜ、筋トレは精力アップや精力増強に効果的なのか?

運動不足は勃起力の低下や勢力の減退の原因となってしまいます。

運動が不足すると筋力が低下し、男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌量が下がってしまうという結果を生みます。

いかにも男性らしい筋肉がしっかりとついた体を見ると精力が強そうなイメージがありますが、まさにそのような人はテストステロンが豊富に分泌されています。

テストステロンの働きとは、精力や性欲をつかさどり、メンタル面では競争心を強くするというものです。

このテストステロンが成長期に活発に分泌されることで、精通、声変わり、発毛といった男性らしさが目に見えて現れるようになります。

そして、筋肉も増強されますし、性欲が旺盛となります。

 

ただ、その時期は意外と短いのです。

すでに20歳前後にテストステロンの分泌はピークを迎えてしまいます。

20代後半にして徐々に低下し始め、40歳代を迎えるころには精力減退が起こり始めます。

もちろん人によりますが、ホルモンバランスが乱れてしまうことが原因となってしまいます。

更年期障害を感じる人も実は多いようです。

このように年齢を重ねるごとにテストステロンの分泌が減ってくるのは仕方のないことではあります。

 

でも、そこで筋肉量を増やすことで状況は変わってきます

筋肉量が増えることで脳がまるで成長期のころのようにテストステロンが必要なのだと誤解してくれると、分泌量がアップします。

その結果精力がアップするというわけなのです。

ということは、どんどん筋トレをして筋肉を増強させていくと、それに比例してテストステロンが増え、精力がアップするということなのですね。

 

具体的な精力アップ、精力増強のための筋トレ6選

それでは、精力をアップさせるためにはどのような筋トレを行えばよいのでしょうか。

いくつかご紹介してきます。

ここに挙げたものをすべて行う必要はなく、できそうなものがあれば日常生活の中に取り入れてみてくださいね。

できそうならすべてを行ってももちろん構いませんよ。

 

スクワット

もっともお勧めしたいものがこのスクワットになります。

精力がアップするとともに、勃起する力も大きくアップさせることができるからです。

太ももの筋肉・大腿四頭筋や、お尻の筋肉・大臀筋はペニスの根元とつながっている筋肉です。

そして、それらが連動するとその働きが勃起となります。

スクワットというのはそのペニスにつながる筋肉が集中している、下半身を鍛えていくためのトレーニングとなります。

こういった筋肉を意識しつつ、ゆっくり腰を下ろしていきます

その際、息を吸いながら行うようにしましょう。

 

腰を下ろせたら、次は腰をもとの位置に戻すのですが、この際は息を吐きながら行いましょう。

このようにスクワットを行うことで下半身の筋肉が鍛え上げられ、下半身全体の血流が上がり、おのずと勃起力もアップすることとなります。

これらの運動を10回で1セットとし、1日につき3セットから5セット行うようにすればよいですね。

筋肉量を上げることで、テストステロンが多く分泌されるようになり、精力がアップするようになるでしょう。

 

PC筋トレ(肛門運動)

PC筋というものをご存知でしょうか。

ペニスと肛門をつなぐ、インナーマッスルのことで、肛門を締める力としてあらわれています。

このPC筋を鍛えれば鍛えるほど、精力が上がりますし、勃起する力も強くなってきます。

もしこのPC筋が弱まってしまうと、勃起力は低下しますし、そうなると中折れの原因となってしまいます。

また、日常生活においても、尿の切れが悪くなるという弊害が起こります。

そのせいで残尿に悩むこととなります。

このPC筋はしっかり鍛えておく必要がありますね。

肛門運動によって鍛えることができますが、それは決して難しいものではないのでご安心ください。

 

  1. まずは肛門を思いっきり力を入れて締めてみましょう
  2. そして、その状態をしばらくキープします。
  3. そして、今度はゆっくり筋肉を緩めていきます。
  4. この際には息を吸うこと、吐くことをきちんと意識してやってみましょう。

 

肛門の開閉を行う際には、ゆっくりと息を吸って、その後その息はすべて吐ききるようにします。

そうすることで体中に新鮮な酸素が充満するようになります。

そして、活性化されることで、得られる効果が大きくなりますよ。

 

バーベルやダンベルを使った筋トレ

デッドリフトという筋トレ法をご紹介します。

ペニス周りの筋肉を効果的に鍛えることができる、バーベルやダンベルを用いる方法です。

 

  1. 最初に足を肩幅ほどに開き、背筋をピンと伸ばしておきます。
  2. その状態から腰をだんだん落としていき、床に置いておいたバーベルをつかみます。
  3. この際背筋は伸ばしたままをキープしておきます。
  4. また、つま先の線より前に膝が出ないよう気を付けてください。
  5. つかんだバーベルをゆっくりと持ち上げていって、膝の上まで持ち上げます。
  6. 膝の上まで来たら、上体を起こす。

 

というトレーニングです。

今度はバーベルを下ろしていくのですが、その際は先ほどと逆の手順となります。

 

  1. 上体を前に倒す際には背筋を伸ばしたままにして、そのまま床にバーベルを戻します。
  2. これらの運動は10回で1セットと数え、3セット繰り返すことが必要です。
  3. 1セット、2セット、3セットの間にはインターバルを30秒ほどとりましょう。

 

きちんと続けると大腿四頭筋や大臀筋、背中の筋肉である脊柱起立筋を鍛えることができます。

これらはペニスに連結しているので、その効果はてきめんです。

 

カーフレイズ

下半身の筋肉を強化することで精力がアップします。

筋肉を鍛えることによってペニスに流れていく血流が改善されて、勃起する力もアップするのです。

そのためにはスクワットを行えばかなりの効果がありますが、ただ、場所を選んでしまいますよね。

どこでもできるというわけではないということがデメリットですね。

それであれば、カーフレイズを行ってみるのはいかがでしょうか。

簡単な動作で行うことができ場所を選ぶこともないので、たとえば通勤電車の中で行うことができますよ。

では、電車内で行う方法についてご紹介していきますね。

 

  1. まずは手すりや吊革につかまって、体を安定させます。
  2. そして、足を肩幅ほどに開きます。
  3. そこから両足のかかとを地面から浮かすのですが、その時にはふくらはぎから上げるつもりで行いましょう。
  4. そしてその姿勢をしばらく維持しておきます。
  5. その後またかかとを元に戻します。

 

実際にやってみると、スクワットより負荷が軽いので、人によっては物足りなさを感じるかもしれませんね。

それでも筋肉がしっかりと刺激されていることをイメージしながらじっくり行ってみましょう。

そうすることで効果的に行えます。

 

腹筋を鍛える

精力アップには腹筋力アップは欠かせません。

関係なさそうに感じるかもしれませんが、セックスの時を思い出してください。

腰を動かす際に使っている筋肉は腹筋だということに気づくでしょう。

腹筋を鍛えれば鍛えるほど、セックスはたくましいものになりますし、脂肪がお腹についていることでぜい肉に埋もれて小さく見えがちなペニスを改善することができます。

 

ゆっくりと行うこと、無理をしないで毎日継続することが腹筋運動のポイントです。

ゆっくりと呼吸をして、鍛えたい腹筋の個所に意識を集中することで、回数をこなさなくとも効果的にトレーニングできます。

行う回数は1度に10回程度で十分なのです。

たった10回と思いますが、その10回を10分以上かけて集中して行うとその効果は相当なものです。

精力アップ、持久力アップを得られます。

 

小指の筋トレ

これは本当に意外だと思うのですが、手の小指の筋肉を強化すれば、精力がアップするのです。

小指にある小腸につながるツボを刺激すると、消化吸収が活発になります。

そして、丹田というへその下にあるツボを刺激することとなります。

ペニスの機能をアップさせるツボであり一石二鳥ですね。

 

他にも小指を刺激すると、副交感神経が優位となって、リラックス状態となることができます。

小指の筋肉が発達すると血液の循環が良くなるので、ペニスにスムーズに血液が運ばれることとなり、勃起しやすくなります。

小指の筋肉の鍛え方ですが、小さい筋肉なので、簡単に鍛えることができます。

日常生活の中で小指を鍛えることは簡単で、吊革につかまるときに小指を使ってみるのもいいですね。

鞄を持つときに意識して小指に力を入れるのも手です。

もっと簡単に、両方の手の小指を絡ませた状態で引っ張り合うと、それだけでも筋トレができますよ。

 

筋トレをより効果的にする「スロトレ(スロートレーニング)」とは。その方法

スロトレとはスロートレーニングとのことで、一つの動作をゆっくりと行うことがトレーニングとなります。

ゆっくり動作するだけという、ハードなトレーニングなしでも、筋肉を健康的につけることができます。

こんなトレーニングで本当に効果があるのかと思ってしまいますが、きちんと科学的にも認められている方法で、実は普通の筋トレよりも効果が高いのです。

短時間でも筋力アップが可能となります。

筋肉のメカニズムをうまく利用することができるので、負荷を軽くしてゆっくりトレーニングしているだけなのに、筋肉にはハードなトレーニングを行ったと誤解させるというものです。

 

同じスクワットでも、スロトレであればやり方が変わってきます

腰を下ろして立ち上がるという動作を繰り返すのがストレッチですが、スロトレの場合は腰が伸び切らない中腰の姿勢のままの動作が多くなります。

ゆっくり行いますが、あくまでも動きは止めません。

その上で同じ動作を繰り返すのです。

 

通常のストレッチであれば、立ち上がる段階で膝が伸び切ってしまうので、そこで筋肉が休止している状態となります。

スロトレはあえてそこを中腰のままにしておくことで、ずっと筋肉が動いている状態をキープしています。

よって、負荷自体は少なかったとしても、回数が少なかったとしても、筋肉が鍛えられ、筋力アップが可能となるのです。

精力をアップさせたければスロトレですね!

 

まとめ

筋力がアップすると精力がアップするというのは、イメージだけではなく本当のことだったのですね。

年齢を重ねるごとに減ってしまったテストステロンを増強させるには、筋トレが一番です。

さまざまな筋トレをご紹介しましたが、そのどれもが日常生活の中で行いやすいものであり、ぜひ毎日続けてほしいものばかりです。

毎日継続して行っていくことが大切ですので、意識して取り組んでいきましょう。

-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.