マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

精力剤は増大効果やED治療に効く?基礎知識を知って正しく改善!配合してないと損!?適した成分とは?

更新日:

男性機能を向上するために、精力剤を摂取したり、精力剤の摂取を検討したりしている人はたくさんいます。

でも、精力剤について詳しく説明できるという人は、あまりいないと思います。

精力剤と一言で言っても、実は、何種類かあるって知っていましたか?

精力剤について詳しく知らなければ、せっかくの効果をあまり実感できないことがあるかもしれません。

そこで今回は、精力剤の効果、副作用、精力剤の種類による主な配合成分など、精力剤の基礎知識について詳しくご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

精力剤の効果について

ではまず、精力剤を摂取することによって期待できる効果について、見ていきましょう!

 

精力向上効果や滋養強壮効果

精力剤を摂取すると、精力向上効果や滋養強壮効果が期待できます。

精力剤には、アルギニンやシトルリンが配合されているので、これらの効果が期待できるのです。

アルギニンやシトルリンは、血管を拡げる働き、そして男性ホルモンの分泌を促進する作用が高く、勃起力や持久力がアップするのです。

 

精力剤には、亜鉛も必要不可欠な成分になります。

亜鉛は、精子や精液ができる量を増やして性欲を高めるので、勃起しやすくなるのです。

また、精力剤を摂取すると、精力を向上する働きが期待できるだけでなく、なかなか除去できない疲労や溜まったストレスなどを改善する効果も期待できます。

精力剤を摂取すると、カラダだけでなく精神面からも男性機能が改善されていくということですね。

 

勃起力向上やEDの予防・改善効果

毎日精力剤を摂取するようにすれば、勃起力が衰えた人や性行為をしているあいだに中折れする人でも、勃起力がアップして持久力が強くなるという効果が期待できます。

ただ、どうしても効果に個人差はありますが、それでも精力剤はトータルで健康面を改善して、男性機能の悩みを改善するという大きな効果があるのです。

 

また、医師がEDの患者の治療をするために精力剤を勧めることもよくあるので、EDの予防や改善にも効果が期待できます。

このケースでは、バイアグラやレビトラなどの即効性がある治療薬を性行為をする際に摂取して、ふだんの生活では精力剤を摂取してその効果を溜めていくことがよくあります。

精力剤には、比較的低価格なマカやクラチャイダムなどに、高級な漢方である冬虫夏草、高麗人参、ローヤルゼリーなどを混ぜて、精力向上効果や勃起力増強効果が期待できる商品が人気という傾向となっています。

 

精子や精液の質や量をアップする効果

精力剤を摂取すると、精子や精液の質や量をアップして、精力向上を目指すこともできます。

精子や精液の質や量をアップするには、セックスミネラルとも言われている亜鉛の摂取や男性ホルモンのテストストテロンの分泌を促すことが欠かせません。

なので、精巣内が必要とする栄養素をしっかりと補って、精子の生成をアップすることが大切なのです。

精力向上効果を実感する精力剤としては、亜鉛、それから性ホルモンの分泌を促進する効果があるアルギニンやシトルリンが含まれているものが良いでしょう。

 

ただ、精力剤は薬ではなく健康食品なので、数回摂取したくらいでは効果を実感することができません

精力剤は、体質を改善することによって男性機能を改善していくものなので、コツコツと摂取していくことが効果を実感するためのポイントになります。

なので、半年から1年くらいかかることもありますが、そうすれば効果が実感できたという人も多いです。

 

ペニス増大効果

ペニスを増大するために、精力剤を摂取する人はたくさんいます。

ペニスを増大させるには、勃起する力をアップする働きかけが基本的に大切になります。

シトルリンやアルギニンなどが精力剤には配合されているので、それらの成分によって陰茎海綿体の血管が拡がって、たくさんの血流が流れるようになり、勃起力が少しづつアップしていくという流れです。

 

さらに、シトルリンは、性ホルモンが分泌するのを促して、陰茎部が細胞分裂するのを助ける効果もあるので、即効性はなくてもシトルリンの効果で、ペニスが少しづつ大きくなる働きが期待できるということです。

ただ、ペニスの大きさが2倍になることはありません。

自分が元々持っているペニスのサイズが蘇るということなので、過度な期待はしないようにしてくださいね。

 

性欲向上効果

今の時代は、男性が草食化してきているので、セックスレスという傾向があります。

どうしてこのようなことが起こってきているのかというと、毎日の生活から生じるストレスなどによって、男性の性欲が減ってしまうからです。

でも、精力剤を摂取すると、減っていた性欲が向上する効果が期待できます。

性欲向上に働きかけるのは、アルギニン、シトルリン、亜鉛などの男性機能に必要不可欠な成分になります。

 

これらの成分が、男性ホルモンのテストステロンを促して、セックスに対する欲を生じさせるのです。

性的な刺激にすぐに反応するようになって、性ホルモンの働きによる神経伝達が、性欲を向上させるということですね。

その結果、興奮した状態が脳で継続されるため、射精が行われるまで性欲が減退してしまうということがなくなるでしょう。

 

筋力増強効果と体力向上効果

精力剤を摂取すると、精力向上の効果以外に、体力をアップして筋肉を増強する効果も期待できます。

男性ホルモンが筋肉量をアップするのですが、精力剤に配合されているアルギニンやシトルリンが、男性ホルモンに働きかけるのです。

アルギニンとシトルリンは、相互に変換を行いながら、血流を良くする一酸化窒素を生成するという働きもあります。

これらの働きによって、筋肉の細胞の分裂が促されて、質の良い筋肉ができあがるでしょう。

以上のことから、精力剤を摂取すると、体力が向上して筋肉が増える効果があるということがわかりますね。

 

肉体疲労やストレスからの回復効果

漢方や生薬などが配合されている精力剤は、肉体疲労を回復するために効果的な成分がたっぷりと配合されているということになります。

特に滋養強壮が主な精力剤を、長期間摂取するようにすると、なかなか取り除けなかった疲れやストレスが減るという効果が期待できます。

冬虫夏草、高麗人参、田七人参、国産のローヤルゼリーなどが、特に疲れを取り除くのに効果がある漢方になります。

たっぷりのアルギニンが含まれているマカやクラチャイダムも、精力向上の効果と疲れからの回復効果があります。

ただ、精力剤は効果がゆっくりと発揮されていきます。

なので、中国の医食同源のような食事療法の回復を想像しておけば、ゆるやかな効果にイライラすることがなくなりますね。

 

老化を防止する効果

精力剤に配合されている成分や漢方などは、高い抗酸化力があるポリフェノール系がたくさん含まれています。

これらの成分は、血中コレステロールが酸化するのを防止して、血管が衰えるのを抑えてくれるのです。

血液もサラサラになるので、血流が良くなってカラダの代謝が一定に保たれるのですが、これらの働きが老化を防いでアンチエイジングとなるのです。

また、男性ホルモン分泌をアップして、副交感神経が促されるので自己再生力や自然治癒力を向上する効果も期待できます。

さらに、免疫力もアップするため、健康的な体質へと変わっていくのです。

 

ただ、何度もお伝えしますが、精力剤は即効性がありません。

精力剤に即効性を期待してしまいがちですが、精力剤は薬ではないので即効性はないため、勘違いしないように気をつけてくださいね。

精力剤は、体内から少しづつ改善していくため、効果が発揮されるまでにどうしても時間がかかるのです。

即効性を求める人は、勃起をすぐに生じる効果が高いEDの治療薬であるバイアグラなどをおすすめします。

 

精力剤の副作用は大丈夫?

医薬品の成分が配合されていないサプリや健康食品に属する精力剤は、基本的に副作用の心配をしなくて大丈夫だと言えます。

ただ、精力剤のなかには、医師や薬剤師の指導を必要とする医薬品の精力剤と、ネット販売や実店舗で売られている健康食品の精力剤があるため、医薬品に属するものは注意してくださいね。

医薬品に属する精力剤は、効果が認証されているのですが、そのぶん副作用の危険性が生じてしまいます。

また、医薬品の分類の中には、個人で購入することができないものもあります。

ED治療薬などの精力剤には、動悸、顔のほてり、めまい、吐き気、腹痛、胃痛、などの副作用が生じることがあるので注意してください。

 

バイアグラのようなED治療薬で、個人輸入の海外製のものを買う際は医師の指導がなくても購入可能です。

さきほどもお伝えしましたが、健康食品に属する精力剤は、正しく摂取して過剰摂取をしなければ、副作用を気にしなくても大丈夫です。

特に、日本で売られている精力剤は、厚生労働省が管理している健康増進法に基づいて作られていて、保健機能食品として売られているため、安全性が確かということになります。

つまり、安心して摂取できるということですね。

 

精力剤の分類について

精力剤にはタイプがあり、大きく分けると、強壮剤、強精剤、勃起薬という3つのタイプになります。

わたしたちがネット通販や実店舗などでよく目にする精力剤は、強壮剤のタイプのものがほとんどです。

強壮剤の精力剤は、健康食品に属します

このタイプの精力剤には、効果の即効性が期待できないのですが、そのぶん副作用を特に気にする必要がありません。

なので、手軽に購入することができるというメリットがあります。

 

勃起薬であるバイアグラ、シアリス、レビトラなどは、ED治療薬と言われています。

日本では、医師に処方してもらわなければ、勃起薬を買うのは不可能となっています。

強壮剤タイプの精力剤と異なり、勃起薬タイプのものは効果の即効性が期待できます。

しかし、そのぶん副作用が生じるリスクが高く高額となっています。

また、その場しのぎの勃起が可能になるのですが、男性機能が元から改善されるものでもないという特徴もあります。

 

次に強精剤ですが、このタイプの精力剤は男性ホルモンが成分として配合されているため、医薬品成分を配合しているということになります。

なので、効果は証明されていますが、副作用の危険性は高いです。

個人の症状や精力剤を使う目的により、選択する精力剤は異なります。

また、販売されている精力剤には、粗悪な品質のものがあるので、選択の仕方も重要です。

ということで、精力剤のそれぞれのタイプについて、さらに詳細にご紹介していきますね。

 

強精剤

精力・性欲向上、勃起力アップ、などのために利用されているのが、強精剤になります。

強精剤には、錠剤や塗るタイプのものがあり、さらに男性ホルモンを注射して強精剤を取り入れるという方法もあります。

男性ホルモン治療やED治療に使われることが多く、基本的に男性ホルモンが配合されます。

その結果、生殖機能が促されて、性欲が自然に生じるようになるため、EDの改善や早漏に効き目があります。

メインの有効成分として、勃起中枢を刺激するヨヒンビン、強い性ホルモンの働きをするメチルテストステロンなどがよく知られています。

 

また、漢方では、八味丸、高麗人参、淫羊、枸杞子などです。

ただ、ヨヒンビンやメチルテストステロンなどは、医薬品成分となっているため、指導が必要な医薬品に当たるときは、薬剤師がいる実店舗で商品を買うことになります。

医薬品成分は、国によって効果が認定されているので高い効果が期待できますが、そのぶん副作用が生じるリスクが高いということを忘れないでくださいね。

 

また、強精効果が高い天然成分が混合されるので、配合量や配合比率によって、効果はかなり異なります

そのため、個人の症状に応じて、合う商品と合わない商品があるでしょう。

さらに、過剰に摂取すると、副作用を生じる可能性が高まるので、用法や用量を守って摂取してくださいね。

ちなみに、プリズマホルモン錠やオットビンが、強精剤としてよく知られています。

 

強壮剤

滋養強壮を高める働きが期待できるのが、強壮剤になります。

カラダを健康に改善していくことによって、精力向上を狙うという精力剤になります。

わたしたちが、ネット通販や実店舗でよく見かける精力剤サプリなどを、強壮剤と考えてほぼ間違いありません。

強壮剤は、健康食品なので、強精剤やED治療薬みたいに直接勃起をアップする効果は期待できません。

つまり、即効性はないということですね。

ただ、不規則な生活などから生じるカラダの不調を、根本的に時間をかけて整えていくので、健康的に男性機能の改善を試みることができます。

副作用も特に心配する必要がないため、カラダへのダメージなどはめったにありません。

なので、安心して長期服に摂取することができますね。

 

強壮剤の有効成分は、主に血管を拡げて血流を良くする働きがあります。

その結果、勃起力が高まったり、男性ホルモン分泌が促されたり、代謝を上げて細胞分裂を促して筋肉が強まったり、勃起力の改善でペニスが増大されたり、精子や精液が増えたり、免疫力が上がったりする効果を実感できるでしょう。

そして、これらの効果が、精力向上へとつながっていきます。

ただ、どうしても個人差があるので、効果の実感は人によって異なるところがあります。

 

また、成分によって効果も異なるので精力剤を購入するときは、自分が求める効果に働きかける成分が配合されている精力剤を選択することがポイントです。

強壮剤の成分として、高い抗酸化力があるサポニンをたっぷりと含む田七人参や高麗人参が、漢方ではよく知られています。

古来から日本では、マムシ、スッポン、オットセイなどのエキスが含まれた滋養強壮のための精力剤も人気があります。

勃起力や精力を高めるためには、アルギニンがたっぷりと含まれているマカやクラチャイダムが、必要不可欠な成分です。

さらに、最近では、トンカットアリ、ワイルドヤム、ムイラプアマなども人気が出てきています。

 

ED治療薬である勃起薬

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどが、ED治療薬である勃起薬になります。

主に、陰茎海綿体の血管を拡げて血行を良くすることによって、無理やり勃起させるという効果があります。

勃起薬は、ペニスへの血流を自然にさせるように、血管拡張剤の環状グアノシン一リン酸であるcGMPをアップして、勃起を抑えるホスホジエステラーゼ5番であるPDE5を抑制します。

その結果、勃起がキープできるという仕組みです。

勃起薬は、強精剤や強壮剤よりも高い即効性があるので、性交渉をする際の勃起力が回復する確率がとても高くなります。

ただ、EDの治療薬を日本で購入するためには、医者の指導が不可欠です。

 

さらに、副作用が生じる可能性が高いので、使用には注意しなければならないし、勃起薬であるED治療薬は、勃起力の衰えを元から改善していくものではありません。

一時的に勃起をさせるだけとなっているため、勃起薬を全てに人に推奨はできないのです。

ペニスに関する悩みがある男性は、強壮剤を使用することをおすすめします。

そして、本格的にEDに悩んでいる男性は、専門の医者に診てもらって、勃起薬の処方について質問してみてくださいね。

 

精力剤は大きく分けると医薬品か健康食品に分類

EDの治療薬であるバイアグラなどの精力剤を手に入れるためには、医師の指導が必要で、漢方などの健康食品に当たる精力剤を手に入れるためには、薬局やドラッグストアなどで購入できるということがわかりました。

医師の指導が必要かどうかは、厚生労働省が認定している医薬品成分が配合されているかどうかによります。

そして、実店舗で販売されている精力剤は、漢方、生薬、副作用を特に心配する必要のない医薬外品が配合されています。

なので、医薬品に属するのか、それとも健康食品に属するのか考えてみると、精力剤の分類の判断をしやすくなるでしょう。

国が効果を認定している医薬品に属する精力剤は、高い効果が期待できるぶん副作用が生じる危険性も高くなってしまいます。

 

一方、健康食品に属する精力剤は、副作用が生じる危険性はとても少なく通販サイトや実店舗でも手軽に購入できるのですが、効果を実感するまでにある程度の期間がかかってしまいます。

どちらの精力剤を使用するかは、男性機能改善の目的や症状などに応じて決めることをおすすめします。

 

強精剤の主な配合成分と期待できる効果

ここでは、精力向上、勃起力アップ、性欲向上、などに使用される強精剤の主な配合成分や期待できる効果について、詳しくご紹介していきますね!

 

メチルテストステロン

精力剤で医薬品とみなされるものには、メチルテストステロンという成分が配合されていることが多いです。

メチルテストステロンは化学合成のステロイド系薬剤で、男性ホルモンのテストステロンをメインとして、メチル基をプラスして結び合わせたものになります。

高い性ホルモンの働きを行うメチルテストステロンは、性腺機能の衰えや精子を作るときの機能障害の改善が期待できる成分です。

また、精力向上だけでなく、男性不妊や更年期障害にも効果が期待できます。

 

決まった配合率で少量のメチルテストステロンが、精力剤には配合されています。

その結果、重度ではない精力や性欲の減退に効果が実感できるでしょう。

ちなみに、テストステロンは男性ホルモンなので、女性ホルモンであるエストロゲンに働きかけて分泌を抑えるので、女性特有のガンを治療するときにも利用される成分として知られています。

 

ヨヒンビン

ヨヒンビンは、中央アフリカに生息するヨヒンベという木から抽出されるエキスです。

昔から媚薬として利用されていましたが、最近では、男性機能を改善する働きがあることがわかったので、精力剤に配合されるようになりました。

ヨヒンビンを取り入れると、陰茎海綿体の血管が拡げられて血流が良くなり、さらに、陰茎から血液が流れ出るのが防止されるため、勃起力が高まって持久力もアップするという仕組みになっています。

ヨヒンビンの男性機能への働きは、バイアグラと同様なのでEDの治療にもよく利用されている成分です。

 

また、ヨヒンビンには、男性機能を改善する効果だけでなく、ダイエット効果や認知能力向上効果もあるということがわかっています。

さらに、ストレスを和らげて緊張からリラックスさせる働きもあります。

なので、心因性ED、疲れやストレスから生じる性欲の減少、などにも働きかけるので、ヨヒンビンを取り入れると身体的にも精神的にも男性機能の改善がサポートされるでしょう。

 

アルギニン

アルギニンは、精力剤には欠かせない成分としてよく知られていますよね。

アルギニンを取り入れると、精力向上効果や勃起力向上効果が期待できます。

アルギニンはアミノ酸の一種で、シトルリンと変換しあい、体内で作ることができます。

血行を良くするという効果があります。

アルギニンは、血管を拡げることによって血流をアップしてくれるため、アルギニンを長い間取り続けると、陰茎海綿体の最大の大きさで勃起することができるようになるでしょう。

体内の血行が良くなると、便秘の改善、代謝アップ、冷え症改善などの効果も期待できます。

アルギニンは、男性の活力をアップする成分なので、栄養剤にも配合されることが多いです。

 

また、男性への効果だけでなく、女性にも、ダイエット効果、美肌効果、美容効果などが期待できる成分となっています。

アルギニンを精力剤に使うときは、1つだけで使用するのではなく、アルギニンをたっぷりと含んでいるマカやクラチャイダムを配合することがほとんどです。

そうすれば、精力向上に効果がある他の成分も取り入れることができるため、男性機能の改善が効率的に行われるからです。

マカやクラチャイダムは、アルギニンがたっぷりと含まれている原材料としてよく知られていますよね。

なんとクラチャイダムには、マカの2、3倍のアルギニンが含まれているため、高い精力向上効果が期待できるでしょう。

 

シトルリン

シトルリンはアミノ酸の一種で、アルギニンと変換関係にあります。

スイカから見つかった成分になります。

1930年にシトルリンが見つけられてからすぐ、海外ではペニスを増大する効果がある精力剤に配合されてきている成分です。

アルギニンと同じように、シトルリンには、血管を拡げて血液をサラサラにして血流を良くする効果があるので、カラダの至るところへと栄養が行き渡ります。

シトルリンは一酸化窒素を作るため、精力向上や運動能力を促して、陰茎海綿体部の細胞が分裂するのを促進します。

その結果、ペニスが増大するということです。

 

昔は、シトルリンは医薬品成分とされていました。

しかし、2007年に日本では健康サプリに配合する成分として認められました

つまり、シトルリンは精力剤への配合が許可されているということですね。

また、精力向上やペニス増大の効果だけでなく、ダイエット効果や美容効果も実感できるでしょう。

 

亜鉛

人間が活動するときに絶対に必要なのが、亜鉛という成分です。

亜鉛は、体内活動でかなり使われてしまいます。

なので、栄養バランスの悪い食生活をしている人が多い現代では、亜鉛は不足しやすいミネラルです。

 

亜鉛は、セックスミネラルとも言われている成分で、男性機能の低下を改善する効果があります。

亜鉛は、精子や精液を作るときの大切な組成の役割をしています。

そのため、亜鉛が体内に足りなくなってしまったら、精子の量が少なくなってしまうのです。

その結果、精嚢にある精子の量が減ってしまい、性欲が衰えたり勃起をする力が弱まったりしてしまいます。

 

心因性EDになっている場合、亜鉛の摂取が足りていない人がたくさんいます。

亜鉛を摂取すれば、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が促進されるので、精力剤や男性用サプリには、亜鉛は欠かせない成分だというのが納得できますね。

 

マカ

マカは、南米ペルーに生息する多年草です。

なんとインカ時代から使用されている原材料で、滋養強壮剤の効果があります。

マカの有効成分には、男性機能の低下を改善する高い効果があるのです。

マカには、疲れを回復するビタミンB群、精子や精液を作るミネラルの亜鉛、体内では作ることが不可能な必須アミノ酸、などが含まれています。

 

また、アルギニンもたっぷりと含まれているため、性ホルモンの分泌がアップします。

マカを精力剤に配合すると、主に精力向上や勃起力向上の効果が期待できます。

アルギニンには、成長ホルモンや性ホルモンが分泌するのを促す働きがあり、勃起する力を高める一酸化窒素を作るので、勃起不全であるEDや中折れなどが改善できるでしょう。

さらに、マカに含まれているアルカロイドやデキストリンが、男性ホルモンを促して下半身の血行を良くするため、勃起する力を強くする効果が期待できます。

 

クラチャイダム

クラチャイダムという黒ショウガは、タイが産地である原材料です。

黒ウコンとかブラックジンジャーなどとも言われているので、聞いたことがある人も少なくないのではないでしょうか?

1000年以上も昔から、タイではクラチャイダムを精力剤に使っています

 

クラチャイダムは、性ホルモンの分泌をアップするアルギニンが豊富なので、血管を拡げて勃起力を最大限に上げてくれるでしょう。

クラチャイダムには、マカのアルギニンの含有量と比べると、なんと2、3倍ものアルギニンが含まれています。

このことからも、クラチャイダムの高い男性機能改善効果が納得できますね。

男性不妊の効果も期待できるし、下半身が細胞を分裂して活性化するのをサポートするので、ペニスの増大も期待できます。

クラチャイダムは、精力剤に配合される原材料の中で、一番効果が期待できて一番人気があると言えるくらい素晴らしい原材料です。

 

トンカットアリ

トンカットアリは、精力剤に配合される成分として、最近話題となってきている原材料になります。

トンカットアリは、マレーシアが産地である自然のハーブです。

マレーシアでは、滋養強壮のための飲み物として、コンビニで手軽に購入できるくらい人気がある原材料になります。

ただ、トンカットアリの栽培は簡単ではありません。

ジャングルに生息するので取るのが大変なため、とても価値があるものとなっています。

クラチャイダムとだいたい同じ量のアルギニンが、トンカットアリに含まれているので、かなりアルギニンの量が多いと言えますね。

 

トンカットアリは、性ホルモンが分泌する量を増やして血管を拡げるため、性的な刺激に敏感に反応するようになるでしょう。

また、精子や精液が作られる量も増えるので、勃起する力がアップして持久力も強くなります。

実際に、完全な勃起ができなかった男性が、トンカットアリを長い間摂取して、

 

「硬さや大きさが改善された!」

 

と実感しているコメントがたくさんあります。

さらに、男性機能の低下を改善するだけでなく、体力やスタミナをアップする働きも期待できるので、パワフルなセックスが実現できるようになるでしょう。

 

まとめ

精力剤の効果、副作用、精力剤の種類による主な配合成分など、精力剤の基礎知識についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

精力剤には大きく分けて3タイプあり、それぞれのタイプによって配合成分や副作用の生じ方が異なることがわかりましたね。

自分の男性機能改善の目的や症状に合う精力剤を選んで、その効果をしっかりと実感してみてくださいね!

-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.