マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

中折れで関係に傷が!?病気の可能性はある?13の原因を見極めて簡単解決!

更新日:

EDと聞くと勃起不全を想像しますが、中折れもEDの一つの症状です。

そして、その原因にはメンタル面とフィジカル面の両方の原因が存在しています。

そして、そのうちの8割は

 

「器質性」

 

「器質性と心因性の混合型」

 

 

のどちらかが原因となっています。

心因性が原因となることが多いような気がしますが、実は器質性の問題が原因となって、勃起力が低下したり、中折れをしたりということが多いのですね。

そして裏を返せば、器質性が原因であるほうが改善しやすいということも言えます。

 

ここでは、中折れの原因についてまとめました。

まずはご自分の原因はどれに当てはまっているのかを考え、対策を考えていきましょう。

 

なんと中折れもED(勃起不全)の1つ!

よく言われるEDとは、勃起不全であり、たとえ性的な刺激を受けたとしても勃起しない状態です。

そうなるともう性行為自体行うことが不可能となりますし、射精に至ることもありません。

そして、中折れも勃起不全と同じような状況です。

完全なEDというわけではありませんが、中折れもEDの一種として医学的にも考えられています。

 

しかしそれでも、中折れに悩む人と、完全に勃起しないED患者とでは状況が違いますよね。

中折れの場合は、性的な刺激にある程度反応することができますし、ペニスはいったん勃起しているわけです。

まったく勃起しない場合と比べて、まだ改善しやすいといえるでしょう

 

中折れをする原因は大きく分けてこの2つ

中折れをする原因には大きく分けて2つあります。

 

心因性勃起不全の場合

これは20代のような若年層に多い原因となるのですが、

 

「心因性勃起不全」

 

というのがあります。

自分でオナニーをするときは射精まで到達するのですが、実際にセックスに挑んでみると中折れをして不可能となるケースです。

この場合、性機能としては問題ないといえますが、セックスに対する不安や緊張、それにプレッシャーがストレスとなり、途中で中折れしてしまうのです。

このケースに陥るとより問題が大きくなります。

というのは、中折れをしてセックスに失敗してしまうと、結局またそれが新たなトラウマとなってしまい、最終的には完全にEDになる可能性が非常に高まるからです。

 

このようなメンタル面で起こりうるEDの場合、生活習慣を改善したところで解決するわけではありませんし、精力剤を飲んだとしても意味をなさないでしょう。

すぐに解決しない場合も多く、きちんと専門医に相談することをお勧めします。

専門の医療機関を受診した場合、バイアグラ、シアリス、レビトラといったED治療薬を処方され、それを飲んで強制的に勃起させるという治療法となります。

そして、その状態でセックスを何度も繰り返していくとどんどん自信がついてきます。

その結果、いつの間にか中折れやEDが解消され、薬が不要となるというケースも多いです。

このような若年層の場合は自信がつくことで悩みが解決することも多いですので、行きづらいと思うかもしれませんが、病院を受診してみましょう。

 

器質性勃起不全の場合

続いは器質性勃起不全の場合です。

これは加齢や生活習慣の乱れが主な原因となって起こる中折れであり、精神的な問題ではなく、老化によって体が衰えることで勃起不全となってしまいます。

性行為中に中折れをして異変に気付くこともありますし、自身でオナニー中に勃起が持続しないことに疑問を抱いて自覚することもあります。

他に、朝立ちが最近亡くなったと思っていたら実はEDだったということもあります。

 

加齢や生活習慣の乱れで血流が悪化したり欠陥が縮小したりという場合には、陰茎の海綿体に勃起させるだけの血液が回っていかないという状態です。

糖尿病、高血圧、高脂血症といった病気の場合にもEDになる可能性は非常に高まります。

 

中折れをする13の原因

男性ホルモン(テストステロン)が年齢とともに減少した

加齢によって精力が減退するのみならず、中折れの原因となることが多いです。

ある製薬会社が調査した結果では、40代であれば60%以上、50代であれば70%以上が中折れを経験したそうです。

このような中折れは、男性ホルモンのテストステロンが年齢とともに分泌を減らすことが原因で起こります。

30代後半から40代前半ともなってくると、体に変化が訪れ、それはテストステロンの減少も含まれます。

中でも肥満であったり、高血圧、高血糖である人にとっては、その減少度合いも大きくなります。

 

テストステロンの分泌量を維持するためには、十分に睡眠をとり、たんぱく質をきちんと摂取し、筋肉量をアップさせるように運動をするということが必要です。

よって、生活習慣を見直すことが大切となってきます。

健康的な生活を送り、きちんと体をメンテナンスしていけば、どんなに年齢を重ねたとしても、ある程度は精力減退を抑えることは可能なのです。

簡単に言ってしまいましたが、現代社会の男性にとっては一番難しいことかもしれませんね。

 

疲労を慢性的に抱えている

現代はストレス社会であり、どうしても慢性疲労にさらされています。

そして、ストレスを溜め、それが中折れの大きな原因となっている場合が非常に多いです。

男性ホルモンが分泌されなくなり、その結果、性的な刺激は脳にきちんと届きません。

そして、少し興奮したとしてもすぐに覚めてしまうという状態になってしまうのです。

 

このような疲労やストレスがマックスの状態であれば、精子が生成される量自体もかなり低下してしまいます。

そして、精力は減退する一方となります。

性欲自体も疲労感や倦怠感に阻まれて失速していきます。

そうするとセックス自体を楽しいと思えなくなってしまいます

 

ストレスを日常的に感じている

日々のストレスはなかなか解消されることはありません。

仕事や人間関係を通して毎日感じているストレスは、その一つ一つは小さなものであっても、蓄積されるとかなり大きなものとなってしまっています。

こういったストレスに対して免疫細胞は敵だとみなし、暴走するようになります。

すると交感神経はいつも活発となり、副交感神経系が働く出番がなかなかありません。

 

勃起をするには、副交感神経が働いていないとできず、リラックスした状態が必須となるのです。

交感神経が働くと、その状態を阻害してしまいます。

しかもストレスを受けているので、テストステロンの分泌量が減少していることも相まって、性的刺激の伝達を鈍いものとします。

そうすると勃起した状態を維持することができずに、中折れしてしまうのです。

 

運動不足のせいで筋力が低下している

筋肉量がアップするとテストステロンの分泌量もアップします。

筋肉が細ければ、運動を多少した程度では血流がアップすることはありませんし、テストステロンの分泌量がアップすることもありません。

もし筋肉質であればどうでしょうか。

少しの運動であっても脂肪がきちんと燃焼され、同時にテストステロンのアップもかないます。

運動量に比例して、どちらもアップするサイクルが生まれるのです。

 

テストステロンがきちんと分泌されることによって、性的刺激に対して感度は上がりますし、性欲も高まります。

イメージ的に筋骨隆々の男性は精力が強いと思っていますが、実はそれは学的にも真実だったのですね。

筋肉質の男性のほうが、肥満やガリガリ体型の男性に比べて、血管も丈夫であり、心肺機能も優れているという事実があります。

おのずと血流もよくなります。

逆に、運動不足で筋力が低下していればテストステロンがあまり分泌されず、性欲も高まらなくなります

そうなると勃起しても維持できず、中折れとなってしまうというわけですね。

 

生活習慣が乱れている

不規則な乱れた生活を送っている男性ほど、精力が弱くなっており、それがコンプレックスとなっているという事実があります。

ただ単に疲労やストレスが原因となっている可能性もありますが、性欲が低下しているのは、睡眠不足や食習慣が乱れていることにより、性機能が低下していることが原因となっていることは多いです。

精子や精液の量が減少したり、テストステロンが分泌されにくくなることで、性的な刺激を受けたとしても敏感に反応できなくなります

そうなると勃起不全や中折れとなってしまいます。

 

また、タバコを吸っていると、血液中の悪玉コレステロールが増加し、血流が悪化しやすいです。

そのせいで勃起力も弱くなり、中折れも頻発します。

アルコールに関しても、中枢神経がマヒし、性的刺激をうまくペニスに伝達することができなくなるので、控えたほうが無難です。

勃起そのものができなくなるのはアルコールやタバコが原因であることもありますので、気を付けましょう。

 

動脈硬化などの病気によるもの

数ある病気の中でも、糖尿病は特にEDと大きくかかわりのあるものです。

ある医療関係のデータによると、糖尿病の人の3割前後の人がEDとなってしまっているのだそうです。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

 

それは、糖尿病になると、血流が悪くなってしまうからです。

糖尿病を患ったり、高血圧症を患ったりすると、みな血がドロドロになり、悪玉コレステロールの数値も高くなりがちです。

血管の収縮が弱くなってしまい、そうなると血流は十分なものとなりません。

このような状態になってしまっていると、性的刺激を受けたところで、ペニスに血液を溜めることができません

脳はもっと多くの血液を送り込むように指示を出していても、それが無理になるのですから、その結果が中折れとなるというわけなのですね。

 

神経症障害や下半身の病気であることも

神経症障害とは、例えばノイローゼのことです。

精神医学で神経症障害という場合には、性欲を高めるまでの集中力が乏しくなるという弊害があります。

もし性的刺激を受けていても、脳の中で性的な興奮状態を維持することが難しくなっています

せっかく勃起をしても、途中で中折れとなってしまうのはこのためです。

そして、下半身の障害があればまた、勃起状態をキープするのが難しいことがあります。

これに関しては機能的障害に分類されるものであり、根本的な原因を取り除かないことには中折れが治ることはないでしょう。

 

セックスに対して過度の緊張や不安を感じている

女性とあまりセックスをしたことがなければ、どうしても漠然とした不安を抱き、過度に緊張してしまうため、結果EDとなってしまいます。

セックス中に中折れをすることも多々あり、そうなるとすっかりパニックになってしまうようです。

あくまでも一時的な症状であり、リラックスしていればまた勃起することはできるのですが、一度でもこういう状態を経験してしまったら、そればトラウマになるということがあります。

一人でオナニーする分には大丈夫なのですが、いざ性行為を行おうとするとまた中折れを引き起こしてしまいます。

 

こういった状態は心因性のEDの1症状であり、また失敗するのではないかという極度の緊張状態のせいで性機能が狂ってしまっているのです。

男性の性機能とは意外にデリケートなものであり、性的興奮に入る際にはリラックスしている必要があります。

そうしないとプレッシャーのほうが勝ってしまうのですね。

この状況は20代の若年層を中心に見られがちなもので、若年性EDとも呼ばれます。

 

オナニーの仕方が間違っている

AVを見やすい環境となり、そのことが逆に弊害を生じてしまうこともあります。

非常に過激な内容のAVの強い刺激に慣れることによって、実際のセックスでは興奮しにくくなってしまうのです。

その結果、EDや中折れとなることがあります。

普段のセックス以上の興奮をAVで味わうことによって、普段のセックスが物足りなく感じてしまうのですね。

 

また、オナニーの仕方にも注意が必要です。

強い刺激を求めて、高速摩擦を行ってオナニーをしてしまうと、普通のセックスよりも刺激が強い分、実際のセックスで刺激を得られないということもあります。

オナニーを短時間で済ませる場合にも中折れになりやすいですし、なおかつ早漏の原因ともなってしまいます。

オナニーは自分一人の自由だからと普段のセックスでは得られないものばかり行っていると、結局実際のセックスで興奮できなくなるので注意しましょう。

なるべくであれば、ノーマルな内容で、時間をかけて行うことが望ましいですね。

 

女性側に原因がある場合も

これまでは男性側の原因ばかりを記載してきましたが、中には女性側が原因となるケースも存在します。

男性というものは性的刺激を受けると、それが脳によってさらに増幅され、勃起するようになっています。

想像力が豊かであればあるほど、より性欲がわいてくるものだといえるでしょう。

逆に、例えば女性がセックスの最中に冷たい言葉を言い放ってきたり、馬鹿にするような仕草をしてくるとすればどうでしょう。

男性は敏感なので、それを感じ取ると、すぐに気持ちがそれてしまいます。

女性に対しての嫌悪感が中折れにつながることもあるのです。

 

さらには、どんなに愛し合っていたとしても、相手の体臭がきつくて気になってしまったり、反応の仕方がイマイチだったり、相手のことを見にくく感じるような一面を知ってしまったりすると、これもまた萎える原因となります。

どんなに頭を働かせたとしても、これらは解決する問題ではありません。

このような場面では理性よりも感情が優先されるために、性欲を失ってしまうともう一度勃起させるということは非常に困難となります。

 

性欲自体が全く沸かない

これは性行為自体がマンネリ化してしまっていたり、相手に対してもう興味を感じられないというときに起こりがちです。

ある段階を経た時に全く興奮できなくなったということは起こりえます。

どんなに愛情があったとしても、それが性的興奮にはつながらず、そのことで相手に対して申し訳ないと思うだけでより一層勃起ができない、または中折れしてしまうという状態に陥るのです。

 

対応策については、まずはマンネリ化を防ぐために、新しいプレイに挑戦してみましょう。

例えば場所を変えてみるだけでも効果はあります。

新鮮さが必要なのですね。

もう一つ、相手に対して性的興奮を感じることができなくなったというのであれば、いっそのことセックス自体を行わないというのも手です。

勃起不全があまりにも起こり続けると、治療に困難をきたすEDとなってしまいますので、勇気をもって決断をしましょう。

 

コンドームに対する苦手意識

コンドームをつけるという行為に白けて、勃起できなくなるという男性がいます。

また、コンドームをつけることにより、刺激が弱く感じられ、性的に興奮できないという男性もいます。

これについては、今、避妊や性病を防ぐという観点で、コンドームをつけることは必要不可欠となっているため、何とか乗り越えなければならないことです。

 

ただ、それによってあまりにも中折れをしてしまうようであれが、女性用のコンドームの使用を検討してみましょう。

または、男性自身も超極薄コンドームの着用を試してみてください。

 

服用している薬の副作用

薬の副作用が原因となってしまっていることもあります。

よくあるのは、抗うつ剤の副作用によって性欲が減退するというもので、抗うつ剤が男性ホルモンの作用の一つであるアドレナリン受容体をシャットダウンすることで起こります。

めまいや性機能障害を引き起こし、3割以上の確率で中折れも引き起こします

他にも、育毛剤に含まれているミノキシジルとフィナステリドについても勃起不全の副作用を引き起こすことがあり、注意が必要です。

一時的な症状で終わるものがほとんどですが、中には深刻な事態に陥る人もいます。

違和感を感じた時点で医師に相談するようにしましょう。

 

医師に相談して、治療薬を処方してもらおう

今回さまざまな症状についてご紹介してきました。

改善方法や対策もご紹介しましたが、それでも中折れの悩みがうまく解決されないというのであれば、ED治療薬を試してみたほうがよいかもしれません。

ED治療薬はバイアグラに代表されるものですが、医師が処方しなければ国内では購入することは不可能です。

病院やクリニックにきちんと処方箋を書いてもらいましょう。

 

ただ、意外にハードルが高いと感じる男性も多いかもしれません。

それであれば、海外から個人輸入代行を利用するのも一つの方法です、

その場合は、国内では認可されていないようなジェネリックのED治療薬を使うこともでき、経済的負担も減ることでしょう。

しかしながら、これらはあくまでも自己責任となってしまいます。

海外から輸入された精力剤・7ED治療薬の40パーセントが偽物などの粗悪品であったという厚生労働省の調査結果もあります。

また、ED治療薬というのはあくまでもサプリメントと異なり、副作用を引き起こす可能性もあります。

 

これらの問題を回避するためには、信頼できる業者を見つける必要がありますね。

また、いずれにせよ医師の診断は受けておくことが問題なく治療できる近道となります。

 

まとめ

中折れを引き起こす13の原因について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

まずは自分の原因をきちんと見つけ出し、それに合った対策を行っていきましょう。

原因は1つではなく、2つ以上が複合的に重なっている場合もあります。

なかなか自分では対策できないこともあります。

中折れをきちんと改善したいと思ったら、まずは病院やED専門クリックを受診してみましょう。

精力サプリメントやED治療薬の力を借りて、早く悩みが解決できるといいですね!

-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.