マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

テストステロン増量が期待できる食べ物とは?現役でいたい男性必見!日常生活で簡単に増やせる

更新日:



テストステロンとは男性ホルモ

ンですが、なんと男性ホルモンの9割以上を占めています。

よって、精力や勃起力に大きな影響力を持っています。

そんなテストステロン、増やしたいならどうすればよいのでしょうか。

答えは簡単です。

なんと食事に気を付けることで増やすことができますよ!

毎日の生活の中で少し工夫するだけでテストステロンが増えるのであれば、ぜひ取り入れてみたくもなりますよね!

ぜひ参考にしてくださいね。

 

そもそもテストステロンとは?

男性ホルモンと呼ばれるホルモンのうち、95%がテストステロンです。

それはまさしく、男性ホルモンそのものと言ってもよく、性欲をつかさどっています。

テストステロンがきちんと分泌できていると、性欲はアップしますし、勃起を維持する力も上がります。

また、筋力も高まりますし、男性にとって大きな影響力のあるホルモンです。

その代わり、うまく分泌されず低下してくると、男性の更年期障害を引き起こします。

男性が健康的な生活を送るには必要不可欠なホルモンですね。

 

そしてこのホルモンは、恋愛面でも威力を発揮するのです。

たとえば、これまで全くモテないラットにテストステロンを注射したとします。

するとそれだけでメスが近寄ってくるようになったという驚きの実験結果が残っています。

まさに夢のようなホルモン。

現代ではテストステロン量が低下している男性も多いと聞きます。

これはぜひ増やしたいですよね。

 

テストステロンを増やすための代表的な成分

実は、テストステロンの主な原料となるものはコレステロールです。

これを聞いて驚く人も多いかもしれませんね。

コレステロールは健康を損ねるものだというイメージが強いかもしれません。

ただ、テストステロンだけでなく、どんなホルモンでも主原料はコレステロールなのです。

確かに多く摂りすぎると血流が悪くなったりしますが、かと言って摂取しなさすぎると、それはそれで身体に悪影響だというわけですね。

 

コレステロールを増やす近道は肉食になることです。

野菜だけを摂取する場合はかなり栄養素を意識しなければなりません。

それであれば肉類を食べることが一番手っ取り早いでしょう。

かと言って、コレステロールだけを摂っていれば十分なのかというと、そうではありません。

他にアルギニン、マグネシウム、カルシウム、亜鉛等の働きも大きいです。

 

アルギニンとは必須アミノ酸であり、体内で作り出すことは難しいものです。

マグネシウムやカルシウム、それに亜鉛はミネラルであり、こちらも意識して摂取しないことには取り入れることが出来ない成分です。

代謝をしないとホルモンは分泌されないということもあり、いろいろな栄養素をしっかりバランスよく摂取する必要がありますね。

よりテストステロンを上手に分泌するには、栄養のバランスを整えることとともに、亜鉛やアルギニンといったような特に重要成分の摂取に力を入れることが大切です。

 

テストステロンを増やすのに効果的な成分を含んだ代表的な食べ物

亜鉛やアルギニン等のアミノ酸がテストステロンの増量のカギを握っているということはお分かりいただけたと思います。

では、どのような食べ物がテストステロンを増やしてくれるのか、確認してみましょう。

 

亜鉛「牡蠣」

亜鉛はミネラルに分類され、テストステロンが分泌されるために大きな役割を担っています。

その亜鉛は牡蠣に多く含まれており、効率よく摂取できます。

他に、牛もも肉、レバー、チーズ、ウナギ等も案が多く含まれていますが、亜鉛の含有量は牡蠣にかなうものはありません

苦手な人も多いようですが、必須アミノ酸も非必須アミノ酸も豊富ですし、

 

「海のミルク」

 

の異名を持つほど多くの栄養素を含んでいる牡蠣をぜひ取り入れていきましょう。

なお、亜鉛は男性の性機能を活性化する力があり、男性にとってどんどん摂取していきたい成分です。

 

良質なたんぱく質(必須アミノ酸)「鶏卵」

身近な食材の卵ですが、これもテストステロンの分泌を促す食材です。

テストステロンの原料となるコレステロールを豊富に含んでおり、さらには良質なたんぱく質も豊富だからです。

たんぱく質が豊富な食べ物といえば、肉や魚なども思い浮かびますが、これらよりも鶏卵が優れていると言えることがあります。

それは、必須アミノ酸がすべて含まれているからで、そういう食材というのは意外に少ないのです。

必須アミノ酸は体内では合成できないので、鶏卵を食べるだけですべて摂取できるというのはすごいことですよね。

筋肉の増大にも効果を発揮することが出来るので、ボディビルを行う人にとっては日々欠かせない食材となっています。

 

含硫化合物「にんにく」

にんにくといえばスタミナ満点というイメージがありますよね。

確かに含硫化合物がテストステロンを増やしてくれますし、さらにはテストステロンを抑制するコルチゾールが働かないように作用します。

しかし、ただ食べるだけではもったいないのです。

一段と効果を感じるには、たんぱく質と一緒に摂取しましょう。

にんにくと一緒に肉や卵等を合わせたメニューにすれば、かなり効果的ですよ。

他にアブラナ科のニラや玉ねぎにも含硫化合物は入っていますが、にんにくが優れているのは含まれている含硫化合物が複数にわたるという点です。

食卓にうまく取り入れたいですね。

 

一価不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸「アーモンド」「アボガド」

アーモンドやアボカドに豊富に含まれている一価不飽和脂肪酸と、飽和脂肪酸はテストステロンを増強してくれます。

アーモンドに関してはカロリーが高いことが長所でもあり短所でもありますので、食べ過ぎないようにしましょう。

アボカドに関しては食材としては非常に優秀です。

一価不飽和脂肪酸のみならず、マグネシウムや亜鉛といったミネラル、さらにはビタミン類なども多く含んでいるからです。

 

ただ、飽和脂肪酸については、現代社会において過剰摂取しがちです。

赤身の肉に多く含まれていますので、知らず知らずのうちに多量に口にしているのです。

それなのにさらにアーモンドやアボカドをお勧めしているのは、飽和脂肪酸だけでなく一価不飽和脂肪酸とのバランスがきちんととれているからです。

テストステロンが増強するのみならず。健康維持にも一役買ってくれますよ

 

ケセラチン「玉ねぎ」

いろいろな料理に登場する玉ねぎにはケセラチンが含まれています。

このケセラチンはテストステロンを排出するのを抑える働きがあり、テストステロンの減少を抑えてくれます。

どんなにテストステロンを増やそうと努力をしても、肝心のテストステロンが排出されてしまっていては意味がないですよね。

よって、玉ねぎをどんどん料理に取り入れましょう。

その際亜鉛を多く含んでいる食材と組み合わせると、相乗効果ばっちりですよ。

ホルモンバランスを調整してくれる上に、植物由来であるケセラチンをきちんと摂れるのは玉ねぎぐらいでしょう。

肉類もいいですが、玉ねぎも多く摂取しましょうね。

 

Dアスパラギン酸「アスパラガス」

アスパラギン酸とは、アスパラガスがその名の由来となっています。

アスパラガスは性欲を増強させるという作用がありますが、それはアスパラギン酸が豊富だからなのですね。

その上アスパラガスは、D‐アスパラギン酸やビタミンDといったテストステロンの増加に役立つ成分も多く含んでいます。

毎日3.12gのD‐アスパラギン酸を飲むという実験が2009年に行われ、男性のテストステロン値が平均で42%上がったという結果が残っているほどです。

テストステロンが増加するという実績もありますし、さらには筋肉が増強できるということで、ボディビルダーも好んで食べる食材の一つです。

 

ビタミンD「鮭」

卵の中に多く含まれているビタミンDは、鮭にも多く含まれています。

他の魚よりも含まれている量が多いのです。

テストステロンの増加に効果があるのですが、他に鮭に含まれているビタミンB、マグネシウムもテストステロンを生成するのに役に立つため、積極的に食べていきたいですね。

とりわけ、天然で良質の鮭であれば、テストステロンの働きを邪魔する、性ホルモン結合グロブリンのレベルを下げるという効果を得ることが出来、よりお勧めです。

養殖の鮭より手に入りにくいのは確かですが、天然の鮭を探してみましょう。

 

ジインドリルメタン(DIM)「ブロッコリー」

男性ホルモンの割合を高めるジインドリルメタン(DIM)ですが、ブロッコリーに多く含まれています。

筋肉を増強するために欠かせないテストステロンを増やしてくれるとあって、ボディビルダーもブロッコリーをよく食べるようです。

さらに筋トレを加えると、一段とテストステロンを増加させることができます。

希少な成分なので、ブロッコリーだけでは不足しがちです。

サプリメントで取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

アリシン「黒ニンニク」

アリシンとは硫黄化合物ですが、ニンニクの主成分ともいえるものです。

テストステロンを増やすことと同時に、筋肉の増加を阻止するコルチゾールというホルモンの働きを抑えてくれるという効果もあります。

ニンニクはそのまま食べるというのはなかなか難しいかもしれません。

よって、黒ニンニクのようにニンニクを熟成させたものを利用してもよいでしょう。

ニンニクの独特のクセが抑えられており、これであれば取り入れられるという人も多いです。

 

まとめ

精力や勃起力をつかさどる男性ホルモン、テストステロンを増やす食材についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

食事を意識するだけでテストステロンが増加し、それに伴って筋肉が増加して男性の魅力が増すというのであれば、ぜひ積極的に取り入れたいですよね。

鶏卵やニンニク、玉ねぎといった身近な食材にも含まれていますので、取り入れやすいと思います。

毎日の食事内容を見直して、いつまでも魅力あふれる現役の男性でいてくださいね!



★最安値公式サイトはこちら!★
黒マカDX




スポンサーリンク


-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.