マカDXは精力剤としての効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

男性の悩み

お酒を飲み過ぎると勃たない!?アルコールと上手に付き合う方法は?早漏改善効果も見込める?

更新日:



女性といい感じになって、ついにベッドイン!

そんな時に、ついつい飲み過ぎていつものように勃起せず、気まずい思いをした…という男性、いますよね?

 

酔うと勃たなくなる、困ったことですが、その原因は中枢神経が麻痺することにあるようです。

脳が勃起の信号を出しても、うまく伝達できなくなってしまうんですね。

また、普段からアルコール摂取量の多い男性は、少ない男性よりEDになりやすい、という情報もあります。

今回は、アルコールが勃起に与える影響について、詳しくお伝えしていきます。

 

本当?アルコール摂取量が多いと勃たない!それはなぜ?

一般的に、アルコールを摂り過ぎると勃たたなくなると言われますね。

これはただの噂ではなく本当の話です。

お酒(アルコール)と勃起には、密接な関係があるのです。

それはアルコールの働きの1つである、中枢神経を麻痺させることに原因があります。

ほろ酔い程度なら影響はありませんが、アルコールを大量に摂ると中枢神経の中の勃起を司る神経の機能が妨げられるのです。

もう1つの原因は、お酒を飲むと血行が良くなること。

血行が良くなると、ペニス内の血流も増えて、勃起しやすくなりそうですよね。

でも実際は逆で、ペニスの海綿体の中で血液が留まらず、そのまま流れてしまうので、かえって勃起を妨げてしまうのです。

 

その反面、ドーパミンや男性ホルモンの分泌量はアルコールによって高まり、性欲自体はいつもよりアップします。

気持ちはムラムラしているのに勃たない、という残念なことを招くわけです。

加えて、慢性的な大量飲酒はさらに勃起しにくい体を作ります

アルコールを分解する際、本来は精子の製造に使われるはずのビタミンや亜鉛などの栄養素が消費され、精子の数そのものが減ってしまいます。

アルコールの摂りすぎには注意が必要です。

 

お酒によって変わる?アルコールの種類や量と勃起の関係

結論から言うと、お酒の種類と、勃起しやすい、しにくいは無関係です。

勃起しにくくなる原因は、摂取したアルコールの度数と量に関係しています。

たとえば、同じ量を飲んだ場合、ビールと焼酎ならアルコール度数の高い焼酎の方が影響しやすくなると考えられます。

一般的に、アルコールの適量といわれる量は以下のとおり。

 

  • ビール…中ビン1本
  • 赤ワイン…グラス2杯日本酒…1合
  • 焼酎、ウイスキー…グラス半分程度

 

ただし、これは一般的な数字であり、実際のアルコール耐性にはかなり個人差があるものです。

強い人は上記の2~3倍飲んでも平気ですが、弱い人はほんの一口でもダメだったりします。

ただし、飲み過ぎると勃起しにくくなるのは目に見えていますから、どんなに酒豪を自認している人でもほどほどの飲酒を心がけましょう。

 

普段からお酒好きな人は勃ちにくくなる?なぜ?

通常、体内に摂取されたアルコールは肝臓に運ばれて分解され、最終的には尿となって体外に排出されます。

この分解過程では体内の栄養素が必要で、ビタミンA・B・C・Dなどの各種ビタミン、亜鉛、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルといったさまざまな栄養素が大量に消費されます。

ですから、お酒を大量に飲むと体は慢性的な栄養不足の状態に

一方、正常な勃起にも十分なエネルギーと栄養が必要です。

日常的に大量のお酒を飲む人は、体が常に栄養不足の状態になっていますから勃起しにくくなるのです。

 

さらにアルコールには、精巣内のテストステロンにも影響し、精子の生成が阻害されて数が減ってしまいます。

そして、いちぱん注意しないといけないのが、アルコールの脳への影響です。

慢性的な飲酒により脳の機能が鈍化し、すべての感覚が鈍ってしまうと、性欲そのものを感じなくなります。

本来ならムラムラと興奮するような状況になっても勃たない、EDの状態になってきます。

 

気をつけて!ED治療中の飲酒

EDの治療のためバイアグラを飲んでいる人もいるでしょう。

そういう人は、くれぐれもお酒の飲み過ぎには注意してくださいね。

アルコールには血行促進効果がありますから、バイアグラの血管拡張作用を助長し、効果を強めてしまいます

つまり、血管拡張効果が倍増し、いつもよりずっと酔いやすくなってしまうのです。

いざセックスしようと思っても、フラフラに酔っ払っていたらムードも台無し。

 

さらに、急激な血管拡張作用によって血圧が急降下する可能性もあり、貧血気味の人には危険です。

バイアグラを飲んだときの症状として、目の充血や顔の火照りが見られますが、薬の使用をごまかすためにお酒を飲んでしまう人がいます。

適量のほろ酔い程度なら、リラックスできていいのですが、飲み過ぎは逆効果ですから注意しましょう。

 

対策6選!セックス前にお酒を飲むならコレに注意!

勃起しにくくなるリスクを見越して、セックスの前にはお酒を飲まないのがベストチョイス。

とはいえ、お酒を飲まなくてはいけないシチュエーションもありますし、適量を守れば、リラックスできてメリットもあります。

自分のアルコールの適量を守ると同時に、アルコールの分解を助けて体への負担を減らす方法をとりましょう。

アルコールのデメリットを極力減らし、味方につけていくのです。

 

対策1、セックス前はお酒をセーブ

勃起しにくい状況を避けるためには、お酒を飲まないのがいちばんです。

しかし、少量のアルコールにはリラックス効果というメリットがあるのも事実です。

緊張によって勃起しにくくなるタイプの人は、あえてお酒の力を借りるという選択肢もオススメです。

 

ただし、緊張をほぐすためのお酒は、ごく少量にとどめて!

酔っ払うまで飲んでしまうと勃たなくなって本末転倒です。

アルコールにより性欲が高まり、ムラムラしやすいのは男も女も同じですが、男性は女性と違って、アルコールがペニスに悪影響を与えてしまうのもお忘れなく。

 

対策2、飲む前には、乳製品を

お酒を飲む前に乳製品を摂ると、胃の中に膜を張ってアルコールの刺激からガードしてくれる…そんな噂を信じていませんか?

実はそれは間違いで、胃の中に膜は張れません

ただ、乳製品を摂ることで、脂肪分がアルコールの吸収を抑制し、なおかつ代謝も促進してくれるので、摂らないよりは摂った方が良さそうです。

アルコールの影響を小さくするために、牛乳やチーズやヨーグルトといった乳製品を摂るようにしましょう。

 

対策3、おつまみには、アルコール分解を促進する食品を

勃起不全を防ぐためには、お酒だけを飲むのは避け、アルコール分解を促進する成分を含む食べ物を積極的に摂るのをオススメします。

特に有効なのは、ビタミンB1・B2・B6・B12・Cなどのビタミン群、葉酸、亜鉛などです。

具体的な食品としては、

 

  • ビタミンB1…牛のハツ(心臓)や豚肉全般
  • ビタミンB2…レバー(牛、豚、鶏)
  • ビタミンB6…マグロ、サバ
  • ビタミンB1…シジミ、赤貝
  • 葉酸…ウナギ、ウニ、すじこ
  • 亜鉛…牡蠣

 

お酒の席では、これらを参考におつまみを選びましょう。

サプリメントや栄養ドリンクで補給するのもいいですね。

 

対策4、オススメのお酒は赤ワイン

お酒にはたくさん種類がありますが、勃起のためには赤ワインが効果的だそうですよ。

赤ワインに含まれるレスベラトロールという成分は若返り効果で有名ですが、実は血管拡張作用もあり、バイアグラと同じように勃起を助けてくれます。

レスベラトロールは体内の神経伝達物質(cGMP)の生成を促進する働きがあり、cGMPの濃度を上昇させ勃起に直接的に作用します。

もちろん、赤ワインがいいからといって飲み過ぎは逆効果ですから、注意してくださいね。

 

対策5、お酒と同じ分量の水を飲む

お酒を飲んだら、同量の水を飲むようにすると、お酒だけの時より血中のアルコール濃度の上昇が緩やかになり、酔いにくくなります。

でも、現実的に考えて、お酒を飲んで徐々に酔ってくると、飲む水の量を自分で管理するのは難しいかもしれません。

同じぐらい水を飲んでいるつもりでも、ついついお酒の方を多く飲んでいた…ということもありえます。

そこは、周りの協力も得て、お酒と水をセットで用意してもらうようにしましょう。

その水を飲み終わってから次のお酒を注文、という流れにすれば、お水で満腹感もあってお酒の飲み過ぎを防止でき、結果として勃起不全を防ぐことにつながるはずです。

 

対策6、飲んだ後は栄養ドリンクでアルコールを分解

お酒を飲んだ後は、少しでも早く体内のアルコールを分解したいですね。

そんなときはコンビニなどで市販されている栄養ドリンクの力を借りましょう。

“ウコンの力”や“ヘパリーゼ”などのドリンクには、アルコールの分解を促進する栄養分がギュッと詰まっています。

 

ドリンクを飲むタイミングは、お酒を飲む前がベストですが、飲んだ直後でも遅くはありません。

栄養ドリンクが買えないときは、近くの自動販売機で売られているスポーツドリンクもオススメです。

水分を補給することで、アルコールの利尿作用による脱水を予防できますし、スポーツドリンクに含まれるビタミンやミネラルでアルコールの分解を早める効果も期待できます。

ほかにも、果糖やビタミンCを含むオレンジジュースも、アルコールから発生するアセトアルデヒドの分解に役立ちます。

 

適量のアルコールは早漏防止に効果的

ここまで、アルコールが勃起に及ぼす悪影響ばかりご紹介してきましたが、もちろん、セックス前に摂るアルコールにはメリットもたくさんあります。

アルコールは中枢神経に作用し、勃起はしても射精しにくくなります。

これは遅漏効果といい、早漏の人にとってはメリットといえますから、早漏防止のために少しお酒を飲むのはオススメです。

逆に、ふだん遅漏気味の人は遅漏を助長させてしまいますから、セックスの前はなるべくお酒は控えましょう。

 

また、緊張すると勃起しなくなる人は、アルコールのリラックス効果を利用しましょう。

深酒は逆効果ですが、気持ちがほぐれる程度にお酒を飲むなら良いでしょう。

さらに、アルコールの性欲を高める効果を利用し、女性をその気にさせるために軽くお酒を飲むのもアリですね。

ただし、何事も適量というのがありますから、飲み過ぎは禁物

アルコールのデメリットは極力抑制し、メリットを利用するように注意しましょう。

 

まとめ

今回は、アルコールと勃起との関係をご説明してきました。

度を越した飲酒は、勃起を妨げたり慢性的なEDにつながる危険があるので、注意が必要です。

しかしほどほどの量のお酒なら、緊張もほぐれ楽しく飲めて、早漏防止などセックスにもいい効果があります。

飲み方やおつまみなどを工夫し、アルコールのメリットを最大限活かすようにしたいものですね。



★最安値公式サイトはこちら!★
黒マカDX




スポンサーリンク


-男性の悩み

Copyright© 【詐欺!】マカDXは効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.